ボーダー・コリー

ボーダー・コリー

写真:Wikimedia Commons

ボーダー・コリー

犬種の特徴

ボーダー・コリーは、体高より体長がやや長めの骨格のしっかりした体型を持った犬種です。バランスの良いスタイルで、優雅さと俊敏さ、長時間の作業後でも機敏な動きができるスタミナを備えています。

被毛にはスムースとラフの2種類があり、スムースタイプは、全体的に短く滑らか、ラフタイプは、かたく厚いほどよい長さで、まっすぐにはえています。

ボーダー・コリーは従順で大変頭がよく、作業などもとてもすばやくて、注意深く粘り強いです。また責任感が強いので、番犬にも適しています。エネルギーに満ち溢れた犬種ですので、毎日知的好奇心を満たすような運動をさせてあげましょう。 警戒心が強く、見知らぬ人に対しては一線を引いているようで、あまり自分から近づいていこうとはしません。

この犬の歴史

ボーダー・コリーの起源について確かなものはありませんが、8世紀頃、スカンジナビアの諸国からバイキングにより海路スコットランドに渡り、トナカイの牧畜に用いられた犬が祖先とされています。
この後、スコットランドに先祖代々その土地に住んでいるの複数のシープドッグと混血があり、現在の形に固定されたといわれています。

羊の群れは牧羊犬が2~3分、目を離すと収拾がつかない状態になると言われていますが、ボーダー・コリーは頭を低く下げた独特のポーズで羊に近づき、羊の目を睨みつけて静止させ、群れを維持させる能力をもっているとされており、羊を統率する能力において「ボーダー・コリーに勝る牧羊犬はいない」とさえ言われています。その成果もあって今では、牧畜犬の中で最も優れた犬種のひとつといわれています。

1906年になって、初めてボーダー・コリーの基準が設定されましたが、外見についての設定基準が多い他犬種とは違い、ボーダー・コリーはその作業能力だけが重視されていました。この傾向は後の品種形成に大きく関わることになります。当時は単に「牧畜犬」と呼ばれていたこの犬に、「ボーダー・コリー」という名が正式に付けられたのは1915年になってからでした。ボーダー・コリーという名は、この犬種がイングランドとスコットランドの境界(ボーダー)地方に生息していたことに由来しています。

その後、ボーダー・コリーはアメリカに持ち込まれ、優れた運動能力と高い服従能力でたちまち羊飼いたちから絶賛されるようになります。実際、「オビディエンス・トライアル(服従競技)」の中でも、優秀犬種としてその地位に君臨していたほどでした。

AKCがボーダー・コリーを、外見よりも作業能力が重視されていた犬種の中で、非常に優れた評価を得ていた犬種だったためその人気で、1995年にAKCによって承認され、ショーにも頻繁に出されるようになりました。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 股関節形成不全
予防として股関節検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column02-02-04-ph01

    2015-9-24

    犬種の違いを知った手作り食と知らない手づくり食

    犬種の歴史(進化)を知ったうえの手作り食が理想! ドッグフードだけでなく、手作り食やトッピングでも…

今の時期注目のコラム

  1. 犬腎臓病
    犬の腎臓病をすべて解説|食事、症状、原因、早期発見と対策 犬の腎臓病について徹底解説します。 腎…
  2. 犬腎臓病フード
    犬の腎臓病をケアするフードを徹底解説|おすすめのフードも 腎臓病の犬には、腎機能に負担をかける栄養…
  3. 犬の腎臓病に良い食事
    犬の腎臓病に良い食材は?食べていいものを解説 腎臓病(腎不全)の犬には、腎機能に負担をかける栄養素…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る