カテゴリー:癌・腫瘍に関する病気

  • 癌・腫瘍に関する病気

    乳腺腫瘍

    乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう) 乳腺腫瘍とは、メスの犬によくみられる腫瘍で、乳房またはその付近の皮下に様々な大きさの「しこり」が発生する病気です。。妊娠してもいないのに乳汁が出ることがあり、時に膿や血が混じっていること…
  • 癌・腫瘍に関する病気

    脂肪腫

    脂肪腫(しぼうしゅ) 犬の脂肪種は脂肪腫は、皮膚(皮下組織)に脂肪のかたまりのような腫瘍ができる病気です。原因は不明ですが、老犬に多く見られます。良性腫瘍なので害を与えることはありませんが、脂肪腫の発生部位によっては、…
  • 癌・腫瘍に関する病気

    悪性リンパ腫

    悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ) 悪性リンパ腫(リンパ肉腫)は、体の免疫を担うリンパ球ががん化する病気で、造血器系のがんの一種です。 悪性リンパ腫は、体のどこのリンパががん化するかによって症状が異なり、リンパ腫…
  • 癌・腫瘍に関する病気

    精巣腫瘍

    犬の精巣腫瘍とは、オス犬の生殖器で、精巣は、男性ホルモンを分泌し、体格や性格を雄らしくしたり、精子を作ったりする臓器ですが、その部位に腫瘍が発症してしまう病気です。 精巣(睾丸)の腫瘍は、犬では人間よりも発生率が多くみら…
  • skin-cencer-all

    皮膚組織球腫

    皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) 犬特有の疾患で、皮膚組織球腫は、犬の特有の皮膚の腫瘍になります。 一般的に腫瘍や病気に悩まされる高齢には少なく、1~2才の若い犬にみられる大変変わった腫瘍です。 一症例の50%…
  • skin-cencer-all

    黒色腫(メラノーマ)

    黒色腫 メラノーマ(こくしょくしゅ) 黒色腫(メラノーマ)はヒトだけではなく、当然犬にも存在します。 犬の皮膚癌の一般的な種類であり、体のさまざまな部分から発生しますが、皮膚、爪周囲、眼、口腔内(口の中)と発生する場…
  • skin-cencer-all

    骨肉腫

    骨肉腫(こつにくしゅ) 骨肉腫は、骨にできるがんで完治の難しい悪性腫瘍(ガン)です。 7、8歳ぐらいの老齢の大型犬が特になりやすく、約80%が四肢骨(ししこつ)に認められます。 骨肉腫になると、激しい痛みが生じて、…
  • skin-cencer-all

    皮脂腺腫

    皮脂腺腫(ひしせんしゅ) 高齢犬に多くみられ、良性の腫瘍に分類されるものが多いです。 皮膚の中や限の周囲にできる腺腫は、油脂を分泌する皮脂腺から発症するため皮脂腺腫と言われます。 皮脂腺(ひしせん)は、皮膚の毛根部…
  • skin-cencer-all

    口腔の腫瘍

    口腔の腫瘍(こうくうのしゅよう) 口腔の腫瘍は歯茎や舌、口の粘膜などにできる腫瘍です。しこりの他に、口腔の腫瘍は痛みを引きおこすため、口臭やよだれの増加、口からの出血といった症状がおこります。 良性と悪性の2種類…
  • skin-cencer-all

    腹部の腫瘍

    腹部の腫瘍(ふくぶのしゅよう) 腫瘍のできた場所により多少異なりますが、元気がなくなったり、体重の減少、嘔吐、下痢、おなかが膨らむなどの症状が出ます。 腹部の腫瘍ために進行してからの発見が多く、手遅れになることが…
  1. 犬腎臓病 膵炎

    2023-1-27

    犬の腎臓病と膵炎の食事、関係について解説

    犬の腎臓病と膵炎の食事、関係について解説 犬の腎臓病と膵炎の原因や症状、併発しやすい理由、食事療法…

今の時期注目のコラム

  1. 犬腎臓病 水
    犬の腎臓病と水分量、飲水のあげ方について解説 慢性腎臓病の症状のひとつに、水をたくさん飲む「多飲」…
  2. 犬腎臓病食
    犬の腎臓病の食事を獣医師が徹底解説 腎臓病の犬は、腎機能の負担を避けるため、さまざまな栄養素を制限…
  3. 犬腎臓病 手作り食
    犬の腎臓病の食事は手作りできる? 腎臓病の手作り食を獣医師が解説 犬の腎臓病の食事を手作りで用意…
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る