犬の腎臓病の食事を獣医師が徹底解説

犬腎臓病食

犬の腎臓病の食事を獣医師が徹底解説

腎臓病の犬は、腎機能の負担を避けるため、さまざまな栄養素を制限する必要があります。
また、腎臓病の療法食の食いつきが悪かったり、犬の食欲が低下したりと、十分にエネルギーを摂取できないこともあります。

そこで、このページでは、犬の腎臓病の食事について獣医師が徹底解説します。
犬の腎臓病の食事のポイント、腎臓病の犬のケアに食事が重要な理由、おすすめの療法食や食事の与え方など詳しく紹介します。

犬の腎臓病の食事とは?

犬腎臓病食

犬の腎臓病の食事には、腎臓の負担となる栄養素や、腎臓病に必要な栄養素を調整した、食事療法が用いられます。
腎機能は一度傷つくと回復できないため、適切な食事療法により腎臓病の進行を遅らせることが重要です。

犬の腎臓病の食事療法では、腎臓の負担となる栄養素(タンパク質・リン・ナトリウム)の調整、十分なエネルギー摂取量、オメガ3系不飽和脂肪酸を含んだ食事が良いとされています。

犬の腎臓病の食事で気をつけるべきポイント

ここでは、腎臓病の犬の食事について、調整すべき栄養素について説明します。

  1. タンパク質の調整
  2. リンの調整
  3. ナトリウムの調整
  4. エネルギー摂取量
  5. オメガ3系不飽和脂肪酸

それでは、それぞれについて順番に見ていきましょう!

タンパク質の調整

腎臓病により腎機能が低下すると、残された腎機能でタンパク質の有害代謝産物を排泄しなければなりません。
そのため、腎臓病の犬が、健康時と同様にタンパク質を摂取すると、腎機能に負担をかけてしまいます。
そのため、腎臓病の犬の食事には、タンパク質を適切に制限することが重要です。

しかし、タンパク質は犬の健康維持に欠かせない栄養素です。
腎臓病の犬にとって最適なタンパク質の量を摂取できるよう、調整が必要です。

 

リンの調整

慢性腎臓病の犬はリンを効率的に排出できなくなるため、食事に含まれるリンの調整が必要です。
慢性腎臓病の犬がリンを過剰摂取すると高リン血症を引き起こし、死亡リスクが増加するとされています。
リンを制限した食事を与えた腎臓病の犬は、腎機能低下の進行が遅くなり、生存率が上昇したという報告があります。※1

※1:Beneficial effects of dietary mineral restriction in dogs with marked reduction of functional renal mass.

 

ナトリウムの調整

慢性腎臓病の犬はナトリウムを排出する能力が低下するため、ナトリウムを過剰に摂取すると血圧上昇などを引き起こし、腎臓に負担をかけてしまいます。
とくに、心臓病も持つ犬は血圧上昇が心臓の負担になるため、ナトリウム摂取量の調整が必要です。

 

エネルギー摂取量

慢性腎臓病の犬は、腎臓病の進行により食欲が低下していきます。
くわえて、腎臓病の食事管理のためにタンパク質の制限をすると、食事から得られるエネルギー量が低下します。
そのため、腎臓病の犬の食事は、健康維持に充分なエネルギーを摂取できるよう、カロリーの調整が必要です。

 

オメガ3系不飽和脂肪酸

オメガ3系不飽和脂肪酸を含む食事を与えることで、腎機能低下の進行を遅らせるという研究報告があるといわれています。※2
犬の慢性腎臓病は、腎臓を構成するネフロンが傷つき、腎機能が低下することが原因で起こります。

オメガ3系不飽和脂肪酸を含んだ食事を与えることで、ネフロンの毛細血管の炎症を緩和して、腎機能低下の進行を遅らせる効果があるとされています。

ただし、オメガ3系不飽和脂肪酸は酸化しやすいため、食事の際にフードに加えるのが理想的です。

また、腎臓病により食欲が低下している場合は、オメガ3系不飽和脂肪酸を与えることよりも、タンパク質やリンの制限を優先するようにしましょう。

※2:Beneficial effects of chronic administration of dietary ω-3 polyunsaturated fatty acids in dogs with renal insufficiency

 

犬の腎臓病で食事が重要な理由

犬腎臓病食

ここでは、犬の腎臓病と食事について解説します。

  1. 犬の腎臓病とは?
  2. 腎臓病の進行を遅らせるための食事管理

 

犬の腎臓病とは?

犬の慢性腎臓病とは、腎臓を構成するネフロンが加齢などで傷つくことで、腎機能が低下する病気です。
慢性腎臓病を発症すると老廃物を尿として排出できなくなるため、体内に毒素がたまり、尿毒症などの症状を引き起こします。

 

腎臓病の進行を遅らせるための食事管理

慢性腎臓病により、一度傷ついた腎機能は回復できません。
そのため、腎臓に負担をかけない食事療法などで、腎臓病の進行を遅らせることが重要になります。

犬の慢性腎臓病は、適切な食事療法を行うことで病気の進行を遅らせる効果があり、食事療法を行わなかった慢性腎臓病の犬よりも寿命が長くなると報告されています。※3

※3:Clinical evaluation of dietary modification for treatment of spontaneous chronic renal failure in dogs

 

犬の腎臓病の食事は療法食がおすすめ

犬腎臓病食

犬の腎臓病の療法食とは、腎臓の負担となる栄養成分・ミネラルなどの量を調整した、慢性腎臓病の犬に与えるための食事です。
腎臓の健康維持を目的としてタンパク質、リン、ナトリウムなどの量を低減しながら、必要なタンパク質やエネルギーが摂れるように栄養素が配合されています。

療法食は、一般的なドッグフードとは異なり、獣医師の診断・指導に基づいた食事療法として与える必要があります。

療法食には腎臓病療法食の他にも心臓・膵臓・皮膚・消化器、尿路結石症や食物アレルギーのサポートなどさまざまなタイプがあり、症状に合わせて栄養バランスの量が調整されています。

 

犬の腎臓病療法食の種類

犬の腎臓病療法食は、大きく2種類に分けられます。

区分 定義
ドライフード 水分含有量10%以下、加熱発泡処理された固形状のフード。
ウェットフード 水分含有量75%程度、缶詰やアルミトレー、レトルトパウチに充填されたフード。

犬の腎臓病療法食のドライフードは、栄養素を効率的に摂取できます。
そのため、通常のドッグフードから療法食への切り替えの際は、ドライフードから与えるのがおすすめです。

ウエットフードは嗜好性が高いため、腎臓病が進行して食欲が低下し、ドライフードを食べなくなった際に与えてみましょう。
ただし、ドライフードを食べないからといって、急にウエットフードに切り替えるのはおすすめしません。
まずは愛犬の食欲をそそる工夫をし、獣医師に相談した上で切り替えましょう。

 

犬の腎臓病の食事を手作りするのはOK?

犬腎臓病食

犬の腎臓病の食事は、栄養素を正確に計測・計算する必要があります。
そのため、飼い主が手作りで腎臓病用の食事を用意することはおすすめしません。

適切に食事の栄養を調整しないと、腎機能に負担がかかり、腎臓病の進行を早めてしまう危険性があります。
以上のような事から、腎臓病の犬には、最適な栄養素を配合した腎臓病療法食をあたえましょう。

メーカーなどから販売されている犬の腎臓病療法食には、手作りフードもあります。
徹底した品質管理のもとで、職人が丁寧に手作りした安心・安全な犬の腎臓病療法食を活用しましょう。

犬の腎臓病療法食を購入する際は、以下の5つのポイントにもとづいてフードを選びましょう。

  1. 厳選された食材
  2. 着色料・香料が無添加
  3. 小粒で食べやすい
  4. 品質管理
  5. 愛犬が喜ぶ美味しさ

 

おすすめの腎臓病の食事をご紹介

犬の腎臓病の食事におすすめなのが、獣医師が開発した、安心・安全な手作り療法食タイプです。
腎臓の負担となるタンパク質やリンを抑え、健康維持に必要な量の栄養素やエネルギーなどを配合しています。

まずは、小袋タイプのドライフードを与えてから愛犬の様子を確認し、通常サイズの療法食を購入しましょう。

 

犬の腎臓病の食事の与え方

犬腎臓病食

  1. 療法食への切り替えは時間をかける
  2. 適正量を守る
  3. 新鮮な水をいつでも飲めるようにする

療法食への切り替えは時間をかける

腎臓病療法食は通常のドッグフードと味が異なるため、急に切り替えると愛犬が食事を食べなくなる可能性があります。
そのため、腎臓病療法食への切り替えは1週間〜1カ月程度の時間をかけて、少しずつ変更していきましょう。

適正量を守る

療法食は必要な栄養素を摂取できるように計算されています。
通常のドッグフードと与える量が異なるため、療法食の袋に記載されている食事量を守って与えるようにしましょう。

新鮮な水をいつでも飲めるようにする

腎臓病はステージが進行すると体内に必要な水分量を確保できず、脱水症状になる危険性があります。
いつでも新鮮な水を飲めるよう、水が飲める場所を複数設置する、頻繁に飲水を交換するなど、水分が摂れる環境を整えてあげましょう。

あわせて読みたい⇒ 犬の腎臓病と水の量・与え方について詳しくはこちら

 

犬が腎臓病の食事を食べない時

慢性腎臓病はステージが進行すると、食欲低下の症状が現れます。
愛犬が腎臓病の食事を食べない時は、以下のような食欲をそそる工夫をしてみましょう。

  • フードを温めて匂いを増す
  • ドライフードに水分を加えて、ウエットフードのように柔らかくする
  • 食事を少量ずつ数回に分けてあげる

 

犬の腎臓病の食事は療法食で

犬の慢性腎臓病は、一度進行すると腎機能の回復は見込めません。
そのため、腎臓病の食事療法を早期に開始し、腎臓への負担を抑えることが重要になります。

腎臓病に最適なタンパク質やリン、ナトリウム、エネルギーの量が計算・調整された腎臓病療法食を取り入れ、愛犬のQOLを高めましょう。

  line-friend-08-02

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 犬腎臓病

    2022-10-7

    犬の腎臓病をすべて解説|食事、症状、原因、早期発見と対策

    犬の腎臓病をすべて解説|食事、症状、原因、早期発見と対策 犬の腎臓病について徹底解説します。 腎…

今の時期注目のコラム

  1. 犬腎臓病 水
    犬の腎臓病と水分量、飲水のあげ方について解説 慢性腎臓病の症状のひとつに、水をたくさん飲む「多飲」…
  2. 犬腎臓病食
    犬の腎臓病の食事を獣医師が徹底解説 腎臓病の犬は、腎機能の負担を避けるため、さまざまな栄養素を制限…
  3. 犬腎臓病 手作り食
    犬の腎臓病の食事は手作りできる? 腎臓病の手作り食を獣医師が解説 犬の腎臓病の食事を手作りで用意…
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る