ブラッドハウンド

ブラッドハウンド

写真:Claudia Krebs, modyfikacja Pleple2000

ブラッドハウンド

犬種の特徴

ブラッドハウンドは、すべてのセントハウンドの中でもっとも力強い大型犬。体高より体長の方が長くて、骨は強く、筋肉な体で全体的に調和のとれた体型。堂々として気品がある態度、振る舞いには威厳があります。頭部と頸は、皮膚が垂れ、深いしわがあるのがこの犬の特徴です。被毛は、短くてなめらかです。

穏やかで安定した気質ブラッドハウンドは、人に対しては優しく社交的。主人に対して愛情深いです。
ブラッドハウンドは、家の中では静かで行儀のよい犬ですが、いったん臭跡を始めると夢中になり、とめるのが中々難しくなってしまいます。

この犬の歴史

セントハウンド(嗅覚獣猟犬)の真髄ともいえるブラッドハウンドのルーツは、大変古く、18世紀のヨーロッパに残されている文書によると、最初の祖先犬は黒い毛色のセント・ヒュ−バート・ハウンドだとされ、ウィリアム征服王が1066年に、この猟犬をベルギーからイギリスへ持ち込んだと考えられています。

12世紀になると、多くの教会の皇位高官たちはこの犬を使った狩猟に関心を寄せるようになります。そのため、修道院ではこの犬を群れで管理し、慎重な繁殖が行われました。このような質の高い繁殖により、この犬種は当時「ブラッデッド・ハウンド(純血の猟犬)」という名前で一躍有名になります。“ブラッド(血)”という言葉を含んでいることからもわかるように、この犬種の純粋な血統と、見事なまでに厳格な繁殖にちなんで付けられた名前でした。

19世紀半ばごろから、ブラッドハウンドはアメリカでも知られるようになっていました。ほとんどの犬はいろいろなセントハウンドの血が混ざっていました。後になって、行方不明者や犯罪者などを持ち前の鋭い嗅覚を使って追うブラッドハウンドは、他の犬種にはみられない特技を持っているとして認められることになります。ただし、ブラッドハウンドは探し出した人物に対して絶対に攻撃的にならない犬なので、探し出した時点でブラッドハウンドは仕事を終えたことになりました。

ブラッドハウンドは、多くの臭跡記録(臭跡した距離と時間両方の記録)を打ち立てています。さらに、この犬種の身分証明書が裁判所で認められたこともありました。

ただ、皮肉なことに「ブラッドハウンド」という名前とでたらめな出版物によって、人々はこの犬種を「血に飢えて人を臭跡する犬」と信じてしまい、根も葉もない作り話に踊らされて恐がるようになってしまいました。

現在は、とびぬけた嗅覚追跡能力で、アメリカの警察学校では捜索犬として、迷子や犯罪者の捜索などの人探しをする時になどに活躍しています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 眼瞼外反症・外耳炎・皮膚炎・外耳炎
予防として、股関節検査・眼科検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 犬 腎臓病 食事

    2022-8-25

    犬が腎臓病の食事を食べない原因と5つの対処法

    犬が腎臓病の食事を食べない原因と5つの対処法 犬は慢性腎臓病が進むに連れて、食欲低下などの症状が現…

今の時期注目のコラム

  1. 犬腎臓病
    犬の腎臓病をすべて解説|食事、症状、原因、早期発見と対策 犬の腎臓病について徹底解説します。 腎…
  2. 犬腎臓病フード
    犬の腎臓病をケアするフードを徹底解説|おすすめのフードも 腎臓病の犬には、腎機能に負担をかける栄養…
  3. 犬の腎臓病に良い食事
    犬の腎臓病に良い食材は?食べていいものを解説 腎臓病(腎不全)の犬には、腎機能に負担をかける栄養素…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る