ワイマラナー

ワイマラナー

写真:Wikimedia Commons

ワイマラナー

犬種の特徴

ワイマラナーは、引き締まった体を覆う輝きとつやのあるコートが特徴。美しい外見、丈夫で非常に筋肉質な体格で、背はまっすぐでよく発達した胸と、頑丈な四肢、美しい形の頭部をもつ大型犬。すばらしいスピードで獲物を捕らえる四肢をもち、並外れたスタミナや機敏さ、優雅な身のこなし、そして強い警戒心などを兼ね備えた犬種です。

光沢のある灰色(スチールカラー)の被毛が最大の特徴です。シングルコートの短くて光沢を放つ被毛には、チャコールブルー、ムースグ レー、シルバーグレイ、ブルーグレイなどのバリエーションがあり、少数ですがロングコートのものが存在します。

ワイマラナーは、おとなしですが、自己主張が強く、勇敢で大胆、活発な犬種なので、小さな子供がいる家庭にはあまり向かないかもしれません。飼い主には忠実でよく従いますが、動き回ることが大好きなので、室内に閉じこもるような生活環境は向いていないでしょう。

この犬の歴史

ワイマラナーは、シカやクマなどを含め、どんな大きさの野生生物でも狩ることができる万能なガンドッグを目指して、19世紀に懸命な努力を重ねながら改良され、現在のワイマラナーが確立されました。ワイマール王朝によってこの改良が支えられたこともあり、この犬種は当時、ワイマール・ポインターという名で知られていました。祖先犬は、ブラッドハウンドの他、レッド・シュバイスフントや初期のポインティング犬種などといわれています。ワイマラナーは、門外不出の猟犬と言われ大切に扱われていました。

ワイマラナーの改良は、ドイツ・ワイマラナー・クラブによって、非常に厳しく監督されてきました。会員以外には決してこの犬種を手に入れることができず、クラブの会員になる際にもその条件が厳しく制限されていました。認可していない犬から繁殖された犬は登録することが許されず、クラブの規定に達しない犬は葬られました。

1929年、一人のアメリカ人がこのクラブの会員として認められることになり、2頭だけアメリカに持ち帰ることが許可されます。この時初めてワイマラナーは生まれた土地から離れることになったのです。

当時のアメリカ産ワイマラナーは、「服従競技」で非常にすばらしい成績をあげ、人々の注目を集めました。よりたくさんの愛犬家たちがこの犬種に惹きつけられ、この犬が持つ、猟犬としてのすばらしさを目の当たりすることになります。

1943年にAKCがワイマラナーを承認すると、狩猟犬、伴侶犬、そして愛玩犬として多才な能力を持つこの美しい犬種は、徐々に人々の間に受け入れられていくことになりました。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 胃捻転
予防として、関節検査・眼科検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column02-02-01-ph01

    2015-1-26

    愛犬の食事療法食~美味しいものをあげたい!~

    病気と食事によるケア ~病気の時はおいしいものを愛犬に食べさせてあげたい!!~ 食事療法と栄…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る