カテゴリー:犬の病名からさがす

  • 耳に関する病気

    前庭炎

    前庭炎(ぜんていえん) 犬の前庭神経炎とは、脳犬の耳の鼓膜の奥にある前庭神経が炎症などをおこしてしまい、体のバランスが保てなくなる神経の病気を前庭炎といいます。 犬の耳の奥にある内耳神経がありその一部を前庭神経が…
  • 耳に関する病気

    耳疥癬

    耳疥癬(みみかいせん) 耳疥癬は肉眼では確認できないほど小さな「ミミヒゼンダニ」が耳に寄生することで発症する皮膚病です。「耳ダニ感染症」とも呼ばれます。ミミヒゼンダニは伝染性がとても強く、ダニが付いる首輪やブラシなどか…
  • skin-kidney-all

    脱肛(肛門脱)

    脱肛(だっこう) (肛門脱:こうもんだつ) 直腸の内層(粘膜)だけが脱腸した場合は、腫脹したドーナツ型の赤いリング状の組織が肛門から出てきます。 飼い主さんの中には時々、この組織を出血と勘違いする方もいるようです。 …
  • skin-kidney-all

    膣の病気

    膣の病気(ちつのびょうき) メス犬の場合,出産や交配などによって、膣に細菌が感染してしまい、炎症を起こすことがあります。 一般的には、膣炎と呼ぶ病気です。膣炎は、マイコプラズマ、ウィルス感染、または膣に尿が潜まる異常…
  • skin-kidney-all

    尿毒症

    尿毒症(にょうどくしょう) 腎臓の機能が著しく低下することで、尿素を含む老廃物の排出がうまくいかなくなるため、毒素(老廃物)が尿に排泄されなくなる病気です。 腎不全の進行によって、尿素などの老廃物が十分に排泄され…
  • skin-heart-all

    先天性の奇形

    先天性の奇形(せんてんせいのきけい) 生まれた時にすでに、心臓の構造に問題がある先天性の心臓病です。 先天性の奇形が起こす症状は、その奇形の種類や状態によって違いますが、 代表的なものは、・体重が増えない・チア…
  • skin-heart-all

    肺動脈狭窄症

    肺動脈狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) 生まれつき肺動脈狭窄症(肺動脈弁狭窄症)は、肺動脈弁(心臓の右心室から肺へと血液を送る肺動脈の入口にある弁)やその周囲が、狭くなっている病気です。 軽度の場合は…
  • skin-heart-all

    心不全

    心不全(しんふぜん) 心臓が血液を正常に送り出せなくなることにより生じる症状によりおこる病気です。 発見しやすいのは、「咳」です。 原因も様々で、心臓弁の異常、心臓の血管の異常、フィラリア症、筋肉の異常によるも…
  • 癌・腫瘍に関する病気

    乳腺腫瘍

    乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう) 乳腺腫瘍とは、メスの犬によくみられる腫瘍で、乳房またはその付近の皮下に様々な大きさの「しこり」が発生する病気です。。妊娠してもいないのに乳汁が出ることがあり、時に膿や血が混じっていること…
  • 癌・腫瘍に関する病気

    脂肪腫

    脂肪腫(しぼうしゅ) 犬の脂肪種は脂肪腫は、皮膚(皮下組織)に脂肪のかたまりのような腫瘍ができる病気です。原因は不明ですが、老犬に多く見られます。良性腫瘍なので害を与えることはありませんが、脂肪腫の発生部位によっては、…
  1. ic-column03-02-01ph01

    2015-9-24

    獣医師 宿南 章の手作りドッグフード

    <獣医師が開発した本物のドッグフードとは> 私(宿南章)が開発したドッグフードは、動物病院の通販ホ…

今の時期注目のコラム

  1. 20171025-12-ph01
  2. 20171025-11-ph01
    結石になりやすい犬種とは? 結石にも種類があってそれぞれ原因と治療法が違うというお話をしま…
  3. 20171025-10-ph01
    愛犬・愛猫の結石は命に関わるので注意!【2,結石の種類編】 愛犬にとても多いのが2種類の結石です。…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る