シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグ

写真:Original uploader was Sannse at en.wikipedia

シェットランド・シープドッグ

犬種の特徴

シェットランド・シープドッグは、体長が体高良いやや長い小型犬で、機敏な動きが得意な犬種。コンパクトな体はよく引き締まり、均整と、体全体の調和がよくとれています。

短く密集した下毛と、まっすぐで硬く長い上毛のニ層構造の被毛で覆われ、胸と尻尾にはふさふさとした豊かな飾り毛が見られます。

非常に動きが早く、タフな犬ですが性質は穏やかです。非常に明るくて感受性が強く、人を喜ばせることが大好きな犬種です。また、非常に従順で物覚えがよく、家族に対して献身的な愛情を寄せてくれます。

この犬の歴史

シェットランド・シープドッグコリーの祖先犬は、イギリスにあるシェットランド諸島原産のコリーの祖先犬でもある牧羊犬だといわれています。シェットランド諸島は、気候条件も厳しく家畜の飼料も不足する環境であったため、ここで飼育される牛や馬や羊も小型でした。 それにより、シェットランド・シープドッグもこの島の環境に適応して小型化したと考えられます。
家畜が耕作地に入らないよう管理するために、熟練した牧畜犬が不可欠だったため、シェットランド・シープドッグは何でもこなせる農場犬として重宝され、羊だけでなく小馬や鶏の群れも管理していました。

一説によるとスコットランドのボーダー・コリーの先祖犬でこの地の小型の家畜の番犬をしていた犬と、サモエドなどのスピッツ・タイプの犬の混血に、さらにラフ・コリーが配されて作出されたといわれています。

現在のコリーは小型の作業コリーを大型に改良したものであり、シェットランド・シープドッグは小型の作業コリーがより小型になったものである。

1909年にイギリスKCにシェットランド・コリーとして公認したのですが、愛犬家たちの猛反発を受けてシェットランド・シープドッグという名前に改名され、後に「シェルティー」という愛称で呼ばれるようになりました。 1911年には、アメリカAKCの公認はされました。

当時は作業犬タイプとショータイプの二通りの犬がいて、小型のコリーと位置づけられるシェットランド・シープドッグのスタンダードで最も重視されるのは、やはりサイズの問題でした。また、安易なブリーディングを繰り返すと、少なくとも祖先にあたる作業コリーのサイズに戻る可能性があると考えられていました。体高について厳しいのはそういう背景があったためでした。

その後、コリーが大変な人気を制したこともあって、コリーの小型犬ともいえるシェルティーは、飼い主に忠実で、小型の犬が欲しいと考えていた人々の間で注目されるようになりました。そして、現在では、世界中でもっとも人気の高い犬種のひとつとなっています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 皮膚疾患、外耳炎、てんかん
予防として、関節検査・眼科検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 犬 腎臓病 療法食

    2022-8-19

    犬の腎臓病に療法食をおすすめする理由

    犬の腎臓病の療法食を徹底解説 犬の腎臓病(腎不全)の療法食について詳しく説明します。犬の療法食とは…

今の時期注目のコラム

  1. 犬腎臓病
    犬の腎臓病をすべて解説|食事、症状、原因、早期発見と対策 犬の腎臓病について徹底解説します。 腎…
  2. 犬腎臓病フード
    犬の腎臓病をケアするフードを徹底解説|おすすめのフードも 腎臓病の犬には、腎機能に負担をかける栄養…
  3. 犬の腎臓病に良い食事
    犬の腎臓病に良い食材は?食べていいものを解説 腎臓病(腎不全)の犬には、腎機能に負担をかける栄養素…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る