スタッフォードシャー・ブル・テリア

スタッフォードシャー・ブル・テリア 	スタッフォードシャー・ブル・テリア

写真:User Sannse on en.wikipedia

スタッフォードシャー・ブル・テリア

犬種の特徴

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、コンパクトな体型ですが、がっしりした骨太で筋肉質の体つきをして、重心が低くどっしりしています。口もとは太く短く、アゴの力がとても強く、発達した顎の筋肉を支えるため幅広くなった頭部が特徴的です。

なめらかな被毛は、短くてかたいですが、つやがあるのが特徴です。

飼い主や家族とはしゃぎまわって遊ぶことが大好きな、陽気でひとなつっこい性格です。とくに、子供に対して特別な愛情をそそぎます。また、非常に従順で、飼い主のいうことには何でも素直に従う犬種です。

この犬の歴史

1800年代前半、イギリスでは、ブル・バイティング(牛追い)が、次第に都市部で行われなくなり、代わってネズミを犬にしとめさせる「ネズミ殺し」が、人々の娯楽として盛んに行われるようになりました。その後、もっと刺激的な娯楽として、人々は闘犬に夢中になっていきます。

機敏で恐れ知らずの強靭な闘犬を作り出すため、人々は闘犬用にブルドッグとスムース・フォックス・テリアやホワイト・イングリッシュ・テリアを掛け合わせて「ブル・アンド・テリア」を作り出しました。
使用される闘犬は初期には大型でしたが、視覚的効果から小型でありながら機敏な動きをする犬が好まれたため、「ブル・アンド・テリア」も、徐々に小型化していったものと考えられます。犬たちを厳選して交配させることで、並外れて強い顎を持つ、この活発な小型犬が生み出されたのです。

イギリスで、1835年闘犬が廃止された後闘犬種は一時的に繁殖数が激減し、闘犬種「ブル・アンド・テリア」は2方向に分かれることになります。一方は当時の姿のまま「スタッフォードシャーブルテリア」として保存され、他方は改良されてホワイトの「ブルテリア」に進化していきました。こうして誕生したのが、現在のスタッフォードシャーブルテリアです。
1935年、EKCでの認定は受けることになりますが、闘犬としてしてのイメージが強く、1973年頃にようやくAKCからの認定が受けられることとなり、確固とした地位を確立することになりました。

現在でも闘犬としてのイメージは付きまとっていますが、実際にこの犬種を飼っている人々の間では、大変愛情深い家庭犬として愛されています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 特にありません。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column06-01-02-ph01

    2015-9-24

    チワワは頭をたたいてはダメ

    <チワワの頭は繊細なガラス> 小型犬、特にチワワは、決して頭をたたいてはいけません。 それは…

今の時期注目のコラム

  1. 犬腎臓病
    犬の腎臓病をすべて解説|食事、症状、原因、早期発見と対策 犬の腎臓病について徹底解説します。 腎…
  2. 犬腎臓病フード
    犬の腎臓病をケアするフードを徹底解説|おすすめのフードも 腎臓病の犬には、腎機能に負担をかける栄養…
  3. 犬の腎臓病に良い食事
    犬の腎臓病に良い食材は?食べていいものを解説 腎臓病(腎不全)の犬には、腎機能に負担をかける栄養素…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る