バセット・ハウンド

バセット・ハウンド

バセット・ハウンド

犬種の特徴

体高が低く短い脚を持ったバセット・ハウンドは、他の種と比べて体のサイズの割に骨が太くしっかりしていて力強さが感じられます。前頭部のしわが独特な表情を作りだしています。耳のつけ根は、低くついており、ゆったりと力強く、鼻を地面に近づけて歩く姿が特徴的です。また、嗅覚が優れていることや独特のひびきのある吠え声をもつ犬としても知られています。

分厚く密集してはえ揃っている被毛は、触るとかたく、体高が低いバセット・ハウンドのため低い木などについたトゲから身を守ってくれます。

とても温和でゆったりした穏やかな性格バセット・ハウンドは、人にもよく甘え、子供たちのよい遊び相手になってくれます。主人に忠実ですが、やや頑固なところもあります。

この犬の歴史

バセット・ハウンドが最初に記録に残されているのは16世紀、フランスの修道僧がブラッドハウンドなどを基礎犬として作出した、背の低い犬ではないかと考えられています。フランス、ベルギーなどヨーロッパの国々では貴族や王族の庇護を受けて繁栄してきました。「バセット」という言葉は、フランス語で“短い”という意味の“bas”からきています。

バセット・ハウンドは短い肢や密生した被毛に守られ、茂みの中でも動く事ができるので、山野の猟に適しています。嗅覚が発達しており、嗅跡の追跡能力が優れており、こだわりが強く猟の現場では追跡を中止させる事が困難なほどでした。

猟師たちは、歩いて追うことができ、嗅覚にも優れた骨太な犬、いわゆる貴族階級に人気のあった狩猟犬の“短足版”のような犬を欲しがりました。バセットのような脚の短い犬たちは、獲物をすばやく追いかけてつかまえることができないため、獲物は油断し、逃げようとせず、動作もゆっくりになります。動作がゆっくりになった獲物は、銃の標的として狙いやすかったのです。このような猟のスタイルで、バセット・ハウンドは特に野ウサギなどの小動物狩りを得意とし、猟師たちに必要とされました。

1866年にイギリスに渡り、1884年にはバセット・ハウンド・クラブが設立され、アレクサンドラ王妃の後援によりこの犬の人気は更に高まりましたが、 1892年にブラッド・ハウンドの血を加えたため、この犬の外観はかなり変化し、重く、たるんだ皮膚を持つ現在のバセット・ハウンドとなりました。

1884年にはアメリカ国内でドッグショーデビューを飾り、1885年にはAKCの公認を受けました。
20世紀半ばにその独特の表情から広告やエンターテイメントに使われるようになり、家庭犬としても広く受け入れられるようになりました。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 椎間板ヘルニア 外耳炎
予防として、眼科検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column03-03-ph01

    2015-9-25

    化粧品とドッグフード

    <化粧品とドッグフード> ~ 良きドッグフードの知られざる基準とは ~ 化粧品とドッグフード…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る