ダルメシアン

ダルメシアン

ダルメシアン

犬種の特徴

ダルメシアンは、たくましい骨格を持ち、肉付きのよい体型をしています。バランスよく、背は高くまっすぐで、筋肉質な肩に長く優雅なアーチ型の顎をもっています。均整のとれた美しい外貌。馬車犬として活躍していたため、かなりの速度に耐え得る能力があります。

かたくて短い毛ですが手触りは滑らかな被毛が、密生してはえています。滑らかなホワイト地に入った、独特の水玉模様が特徴的です。斑点は1ドルコインの大きさで、丸く、地色と境界がはっきりして、バランスよく全身に分布するのが望ましいとされています。

ダルメシアンは耐久力があり、とても活発で、長距離を走るために生まれてきたような犬種です。
遊ぶこと、体を動かすことが大好き。疲れ知らずな犬なので、家庭犬として一緒に暮らしていく場合には、毎日必ず、足場のよい所でたっぷり運動をさせてあげましょう。また、賢くて物覚えもよく、進んで何でもする性格です。

この犬の歴史

ダルメシアンは、独特の水玉模様を持つ犬種として広く知られていますが、どのようにしてこのような模様になったのかは正確にはわかっていません。いくつかの美術品描かれている斑点のある犬が祖先犬ともいわれていますが、この犬種が誕生したといわれる時代や場所は、やはり不明のままとなっています。

ダルメシアンの祖先犬には、比較的小さい水玉模様を持ったグレート・デーンやポインターの血統が含まれていますが、これもやはり推測に過ぎません。この犬種はもともとは、有能な猟犬で、軍用犬、番犬、牧畜犬、牽引き犬、ネズミ捕り犬、回収犬、鳥獣猟犬、追跡犬といった役割をこなせる便利な犬として、繁殖されたのではないかと考えられています。

ビクトリア朝時代のイギリスでは、旅行手段は主として駅馬車でした。ダルメシアンは四輪馬車の伴走犬として大いに重宝されました。というのも、この犬種は伴走犬として実用的なのはもちろん、見た目の美しさや優雅さも兼ね備えていました。獲物を求めて徘徊する野犬の群れから馬を守りながら、優雅なスタイルの馬車行列に、美的なアクセントとして一役買っていたのです。

その後、自動車の出現によって、ダルメシアンの上流社会での役割はなくなり、人気が急落します。しかし、当時馬が引いていた消防車の伴走犬として復活することとなり、現在でも、ダルメシアンは消防署のマスコット犬として扱われています。

その独特の模様から、ダルメシアンは今やペットとして、またショードッグとして大変有名な存在となっています。アメリカでは、ダルメシアンが登場する子ども映画「101匹わんちゃん大行進」大ヒットしたことをきっかけにその人気に火がつき、今ではアメリカでもっとも人気の高い犬種のひとつとなっています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 聴覚障害、尿路結石症
予防として、眼科検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column03-02-01ph01

    2015-9-24

    獣医師 宿南 章の手作りドッグフード

    <獣医師が開発した本物のドッグフードとは> 私(宿南章)が開発したドッグフードは、動物病院の通販ホ…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る