スコティッシュ・ディアハウンド

dog-noimage

スコティッシュ・ディアハウンド

犬種の特徴

スコティッシュ・ディアハウンドの体型はグレーハウンドとよく似ていますが、グレーハウンドより大きく、骨太でしっかりとしています。筋肉のしっかりした大型犬で、力強く、スピードをゆるめることなく長時間走り続けることができます。

ワイヤー状で硬い被毛は、細やかで、カールをして体に沿うようにはえています。厳しい環境で狩猟ができ、汚れも防ぐことができます。

小さい体型には似合わず非常に健康で、手間もかからず長生きします。独立心が強く少々頑固な面がある犬種です。

この犬の歴史

スコティッシュ・ディアハウンドは、サイト・ハウンド(視覚型獣猟犬)の一種で、スコットランドのハイランド地方に古くからいた大型獣向きの犬種です。貴族と関係が深く、少なくとも16世紀以来ずっと、鹿猟に優れた能力を発揮する高貴な犬として王侯貴族に愛されてきました。

「スコティッシュ・ディアハウンド」という名称の由来についてはさまざまな憶測が飛び交っているため、16世紀以前の正確な歴史はいまだはっきりしていませんが、古代のウルフ・ハウンドからシカ狩り用に改良された犬種がスコティッシュ・ ディアハウンドで、シカ狩りが最も盛んとなったこの頃からディアハウンドと呼ばれるようになったといわれています。

当時、獣猟犬の中でもシカ狩りに使用できる犬はあまりいませんでした。鹿の数が減少するにつれて、鹿を狩るために使われていたスコティッシュ・ディアハウンドは、まだ鹿がたくさん残っているハイランド地方に集められ、スコティッシュ・ディアハウンドは高く評価され、大切に扱われることになります。

しかし、1700年代半ばに、スコットランドとイングランドがカローデンの地で戦いを繰り広げ、スコットランドの氏族たちが崩壊し、それまでスコットランドで保護されていたこの犬種も衰退していくことになります。さらに1800年代になると、ブリーチ・ローディング銃(銃尾の方から弾を込める後装式のライフル銃)が登場し、銃を使った鹿猟が流行し始め、この犬種の衰退に追い討ちをかけることになりました。

ですが、この犬種の血統を引き継いでいこうとする愛好家により、絶滅を免れ、その品質においては依然としてかなり高いレベルを維持していました。

イギリスで初めてディアハウンド・クラブが設立されたのは1860年のことで、同じ頃に、スコティッシュ・ディアハウンドが初めてドッグショーに登場しています。

その後、第一次世界大戦によって、再びこの犬種は減少してしまいます。資産家たちによって飼われていたため、戦争によって財産や地位を失っていったからです。

その影響で、現在でも絶対数の少ない犬種の一つとして知られていますが、その品質においては昔からあらゆる点で高いレベルを維持し続けている由緒正しい犬種となっています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 胃捻転
予防として、心機能検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-20170208

    2017-2-8

    『グレインフリー』を考える

    『グレインフリー』を考える 近年、グレインフリーのフードが人気です。もともとグレインフリーが出…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る