シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキー

写真:Utopialand

シベリアン・ハスキー

犬種の特徴

オオカミのような端正な顔立ちのシベリアン・ハスキーは、ソリ引きに適した力強い中型サイズの作業犬です。胸部はよく発達していて、背中は力強く、長い距離を速度を落とさず移動することができる後肢は、とくに筋肉がよく発達しています。とても持久力に優れた犬種で、アラスカなど北の地方では人々の財産の一部として大切にされています。

ややかためで真っ直ぐな上毛と、柔らかく密集している下毛の二重構造の被毛で、体にぴったりとそってはえています。

見た目は強面ですが、人にはたいへん友好的で、飼い主にも忠実です。好奇心旺盛ですが、警戒心も強い面ももちあわせています。

この犬の歴史

シベリアン・ハスキーの祖先犬ははっきりとわかっていませんが、スピッツ族に属する犬種と考えられています。古くから北東アジアに住むチュクチ族が、この犬をそり犬や、ボート引き、番犬、猟犬として飼育してきたといわれています。遠吠えする声がしわがれることからハスキーと命名された説など犬名の由来はさだかではありません。

アメリカのゴールドラッシュ時代、アラスカ州では、犬は人間の生活の一部として、なくてはならない重要な存在でした。冬はそりを引く犬として、夏はボートを引く犬として、また狩りの助手としても活躍していました。
さらに、犬を競わせるドッグレースが、もっとも人気の高い娯楽となっていました。1909年、このレースに初めてチュクチ族のハスキー犬チームがシベリアから参加することになりました。

この時のシベリアン・ハスキーは、他の犬たちより体が小さくて従順だったため、目立ちませんでしたが、一人だけ、この犬の能力に目をつけたレーサーがいました。彼はシベリアン・ハスキーを70頭輸入し、1910年のレースに向けてトレーニングを始めました。その結果、レースに参加した彼の3つのチームのうち、1チームが1位、もう1チームは2位、さらにもう1チームは4位という結果を出し、シベリアン・ハスキーはこのレースで素晴らしい成績を収めました。

1925年、ノームではジフテリアが猛威を振るっていました。そんななか、彼のハスキー犬チームが、人命を救うために544kmもの距離をリレーして走り通し、血清を運び人命を救いました。この時の名誉を称えたハスキー犬の彫像が、今もニューヨークのセントラル・パークに建てられています。このニュースがアメリカ国内でのシベリアン・ハスキーの知名度をあげることとなりました。
この頃にシベリアン・ハスキーは、まずカナダに持ち込まれてからアメリカへ入ってきていました。

AKCは1930年、シベリアン・ハスキーを犬種として認定しました。第二次世界大戦の間に、たくさんのシベリアン・ハスキーが、アメリカ軍用の捜索・救助チームとして仕事をこなし、人々から称賛されることになりました。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 特にありません。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column03-03-ph01

    2015-9-25

    化粧品とドッグフード

    <化粧品とドッグフード> ~ 良きドッグフードの知られざる基準とは ~ 化粧品とドッグフード…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る