ケアーン・テリア

ケアーン・テリア

写真:Ronald Müller-Hagen (Ketterechts)

ケアーン・テリア

犬種の特徴

ケア―ン・テリアは、小型ながらも、頑丈な骨格に短い足で機敏に動きます。狩りに使われていた犬種ですので、我慢強く勇敢で活発な性質が特徴的です。
雨に強い被毛は、柔らかく密集した下毛と、豊富な粗い外毛の二層構造になっています。顔の周りに飾り毛があるため、少しキツネのような風貌になっているのが特徴的です。

恐いもの知らずで活発なケアーン・テリアは、好奇心が強く、気の強い性格で、テリア種の見本ともいえるような性格の犬種です。頭がよく、利口でしつけしやすいです。また、人を喜ばせることが大好きで、子供ともすぐ仲良くなれます。

この犬の歴史

ケアーン・テリアは、スコットランドのスカイ島に生息していたとされ、足の短いテリア種の祖先犬にもっとも類似しているといわれています。
スコットランド産のテリアはもともと1犬種で、総称してスコティッシュ・テリアと呼ばれていました。これらのテリア犬種は小型で短肢、剛毛が特徴です。
この犬種は15世紀頃から存在し、キツネ、アナグマ、カワウソなどの狩りに使われていたようです。犬たちは石塚(記念碑や歴史的建造物として作られた岩場の積み石)の中からカワウソたちを追いたてることを得意としていました。小型ながら頑健で勇敢であり、スコットランドの農村地域で飼育されていました。

1873年、この犬種の中からダンディ・ディンモント・テリアが独立犬種として分離され、残りのすべてのテリアはハードヘアード・スカイ・テリアと呼ばれる事になりました。
このハードヘアード・スカイ・テリアにはさまざまな毛色があり、やがて毛色によって区分されるようになっていきます。
ホワイト色のものに人気が高まり、マーキングが欠点とされたために、多数派だった有色種テリアのブリーダー達が造反し、この段階でホワイト色のウエストハイランド・ホワイトテリアが分離する事になりました。残りの有色テリアは短毛種であったためにショートヘアード・スカイ・テリアと呼ばれましたが、このショートヘアード・スカイ・テリアを改名して1912年に独立した犬種となったのがケアーン・テリアです。

ケアーン・テリアの形成にもっとも影響した犬たちはそのほとんどが白い毛色をしていましたが、1920年代に、これら白色の血統と混じらないように、ケアーン・テリアをウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはもちろん、白色の犬種と掛け合わせることが禁止されました。

イギリスではたちまち人気が上がり、アメリカでも『オズの魔法使い』の“トートー”役として人気を博しました。優れた嗅覚と視覚で番犬や家庭犬として人気が高く、イギリスで最も人気の高いテリアでありましたが、近年ウエストハイランド・ホワイトテリア、ヨークシャー・テリアなどにその地位を奪われた感があり、我が国でもケアーン・テリアは一時的に人気の高かった犬種でありますが、最近は、飼育する人も少なくなりました。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 特にありません。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column02-02-01-ph01

    2015-1-26

    愛犬の食事療法食~美味しいものをあげたい!~

    病気と食事によるケア ~病気の時はおいしいものを愛犬に食べさせてあげたい!!~ 食事療法と栄…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る