アイリッシュ・ウルフハウンド

アイリッシュウルフハウンド

写真:Sylvie Saulue/Design Madeleine

アイリッシュ・ウルフハウンド

犬種の特徴

セントハウンド(嗅覚獣猟犬)のなかでももっとも体高の高いアイリッシュ・ウルフハンドは、グレーハウンドよりもがっしりとした体つきをしていますが、どちらかというと長毛のグレーハウンドに似ているところがあります。大きい体格はとても重要視されていて、それに敏捷さと力強さを持ち合わせることでこの犬種は、大型の獲物も楽々追い詰め、しとめることができるのです。 全犬種の中で最大級の体高を持っていることが特徴です。

硬い被毛は寒さや湿気、敵の牙から体を守る役目を果たしており、目の周りや顎の下は特に長く針金のような毛で覆われています。

アイリッシュ・ウルフハウンドは勇猛であるが気質はきわめて穏やかで、家庭犬として望まれる要素を多く持っている犬種です。最大サイズの犬種と言うことでファンも多いのですが、生後6ヵ月45kgにまでなる犬種のため、もの珍しさや思い付きでの飼育はおすすめしません。

屋内ではいつも物静かで落ち着きがあり、感受性が強く、おっとりとしながらも強い忍耐力のある犬種です。

この犬の歴史

391年にローマで初めてアイリッシュ・ウルフハウンドに関する記録が残されています。
大型の犬であるアイリッシュ・ウルフハウンドは、紀元前1500年頃までにギリシャからアイルランドへ渡ってきたと考えられています。
アイルランドでこの犬たちはさらに大型化し、猛獣な獣と戦う姿、その威厳に満ちた風格と勇敢さがローマの人々の心をとらえたようでした。

1800年代までアイルランドの農家では狼の襲撃から家畜を守るためにウルフハウンドの飼育が不可欠した。
初期のアイルランド文学に、さまざまな犬種名で登場する「大きな犬」の多くはアイリッシュ・ウルフハウンドでだといわれています。
「体は大きいが、スパニエルのように従順。」「勇敢であるが、攻撃的ではない。」「人間に近い知性をもつ犬。」など、実猟犬用途を超えた存在として永く親しまれてきた犬種です。

アイルランドで「狼」が絶滅し、狩りの必要がなくなってからは数が減少の一途を辿り危機的な時期もありましたが、19世紀後半、A・グラハム氏を中心とする愛好家が絶滅寸前のウルフハウンドを捜し出し、他のハウンド種の血液も加えて育種に努め、復活させたのが現代のアイリッシュ・ウルフハウンドです。

現在でも、大型犬を飼うという大変さが手伝って、その人気は爆発的とまでにはなっていませんが、その威厳ある堂々とした外観はたくさんの人々を魅了しています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気 胃捻転
気をつけたい病気 肥大性心筋症、股関節形成不全。
予防として、股関節検査の検査をしておくことおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column03-03-ph01

    2015-9-25

    化粧品とドッグフード

    <化粧品とドッグフード> ~ 良きドッグフードの知られざる基準とは ~ 化粧品とドッグフード…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る