フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

犬種の特徴

フレンチ・ブルドッグは、頭から肩にかけてしわがあり、少したるんだ柔らかな皮膚が特徴です。小型のわりに力強く、低く重心を落とした体型、幅の広い胴体、しっかりした骨格、発達した筋肉、大きく四角い頭部は、ドーム型の前額と平らな頭頂をもっています。ピンと立ったコウモリ耳は、ブルドッグとは異なるところです。
被毛は、短くなめらかでキメが細かく、体にそってはえています。

フレンチ・ブルドッグは、どこかおどけた表情を持ち、小型の愛玩犬の中でもとりわけ愛らしい犬です。遊んだり、家族を喜ばせたりするのが大好きで、飼い主に抱かれたりすることに幸せを感じます。また、非常におとなしく、あまり吠えません。愛想がよく、誰とでも仲よくなれる犬種です。

この犬の歴史

19世紀のイギリスにとても小さな体のブルドッグがいました。小さなブルドックはとても人気があり、フランスの人々は特にこの犬の立ち耳に魅力を感じたようです。19世紀の半ば、この地方にいた大勢のレース職人たちがフランスに集団移住した際に、この小型のブルドッグたちを一緒にフランスに持ち込みました。
フランスの繁殖家たちはこの犬に「ブルドッグ・フランセ(フレンチ・ブルドッグ)」という名前を付け、こぞってこの耳の立った「コウモリ耳」の犬を繁殖し始めました。パグやテリアなどと交配されて作出されたのがフレンチ・ブルドッグであるとされています。このどこかおどけた表情の小型犬をイギリスからフランスへ持ち込むと、この小型犬がパリで大流行することになります。

19世紀も終わりになると、フレンチ・ブルドッグは、上流階級の人々からも注目を集めるようになり、お屋敷で飼われることになりました。

ちょうどその頃、フランスに来ていたアメリカ人がこの犬種に目をつけて、何頭かをアメリカに持ち帰り、熱心に繁殖を始めました。そして、この犬の耳の形に関する論争がちょうど繰り広げられていた最中にアメリカン・クラブが設立され、1898年、フレンチ・ブルドッグだけのショーが開催されました。

その上品で優雅なショーは、お金持ちの観衆を魅了し、フレンチ・ブルドッグは、アメリカ人たちを完全に虜にしてしまいます。その後、上流社会でのフレンチ・ブルドッグの人気は急上昇し、1913年には、アメリカで人気ナンバーワンのショードッグに輝くことになりました。以来、フレンチ・ブルドッグの人気は、現在も多くの上流階級の人々や、愛犬家たちから熱烈な支持を受けています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 鼻腔狹窄・口蓋裂
予防として、股関節検査・眼科検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column02-02-01-ph01

    2015-1-26

    愛犬の食事療法食~美味しいものをあげたい!~

    病気と食事によるケア ~病気の時はおいしいものを愛犬に食べさせてあげたい!!~ 食事療法と栄…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る