オーストラリアン・シェパード

オーストラリアン・シェパード

写真:sannse

オーストラリアン・シェパード

犬種の特徴

しなやかで機敏に動くオーストラリアン・シェパードは、体高より体長のほうがわずかに長く、中型の体型とがっちりしていて筋肉質ではありますが、しなかな体つきの犬種です。一日中、動き続けてても平気な持久力を持ちます。

被毛は、ふわふわで柔らかく、程よく密集した中くらいの長さの上毛は、ところどころ直毛だったりカールがかかっていたりします。

大胆でとても頭がよく、大変愛情深い犬種です。おとなしい性格で、犬同士でもめったにけんかすることがありません。
また、警戒心に富み、独立心が旺盛で責任感の強い面も持ち合わせています。

この犬の歴史

オーストラリアン・シェパードの起源はスペインとフランスの国境付近、ピレネー山脈のバスク地方の牧羊犬と考えられています。オーストラリア経由でアメリカに持ち込まれたことからオーストラリアン・シェパードと名付けられていますがこの犬種は、オーストラリアの犬種ではありません。
この犬種の起源については、1800年代にヨーロッパのバスク地方の人々がオーストラリアに移住した時に、羊と牧畜犬を一緒に連れてきたのが始まりだといわれています。

その後まもなく、このオーストラリアに移住した羊飼いたちは、羊と牧畜犬を引き連れてアメリカ西部に移り住むことになり、アメリカの羊飼いたちは、この犬種をオーストラリアからきたということで、当然のように「オーストラリアン・シェパード」と名づけました。

オーストラリアやアメリカ西部の荒れた土地では、ヨーロッパにはいないタイプの新しい牧畜犬を必要としていました。作業能力を向上させるためにさまざまな犬種と交配させ、厳格に選び抜いていった結果、バスク地方出身とされる犬が厳しい条件に見事に適合できる犬となっていきました。

この犬種は、1950年代まではあまり目立たない存在でしたが、ある時、カウボーイが荒馬乗りや投げ縄などの腕を競うロデオ大会で、芸当を披露する犬として活躍することになり、それが映画化されることになり、一気に人気と知名度が上がりました。代表作は、ディズニーが製作した「Stub: The Best Cowdog in the West」(1974)などです。
これらの犬の多くは、当時の俳優ジェイ・シスラーが所有しており、現在のオーストラリアン・シェパードの血統の基礎となっています。

オーストラリアン・シェパードの用途の広さとトレーニングの容易さは農場や牧場で大いに重宝されました。環境への適応性、溢れる知性、牧畜犬としての本能には目を見張るものがあります。家畜の観察力に優れ、家畜の群れの雰囲気の変化に敏感で、一度訓練を受ければ飼い主の指示なしでも日常の役務を果たす事ができる犬種です。

AKCは1993年に135番目の犬種として公認しました。
近年、オーストラリアン・シェパードは牧畜犬だけではなく、盲導犬、聴覚障害者誘導犬、麻薬捜査犬、救助犬などとしても活躍しています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 白内障。コリー眼異常。
予防として、股関節検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-20170209

    2017-2-9

    輸入物のドッグフードの気をつける点

    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る