マルチーズ

マルチーズ

マルチーズ

犬種の特徴

マルチーズは、愛くるしい大きな瞳と、絹糸のような長く被毛が特徴の非常小型の犬です。背中が水平でボディは短いです。長くて豊富な被毛に覆われた尾は、高い位置につき、背中に乗っています。また、優しい表情、機敏な身のこなしもマルチーズならではの特徴です。

マルチーズには下毛がまったくないのが特徴で、純白な絹糸状の被毛は引きずるほど長く伸びます。ドッグショーなどでは床にまで届くような長い被毛が一般的ですが、ペットとして飼われている普通のマルチーズは、短めな外見に刈りそろえられていることが多いです。

かわいらしい容姿のマルチーズは、愛くるしさとは、野性的な面も持ち合わせており、活発に走り回ったり遊んだりすることも大好きです。気品ある外見とは裏腹に、自分より大きな犬に対してでも向かっていく大胆なところがあります。

この犬の歴史

マルチーズは3,000年以上の歴史を有する非常に古い犬種で「犬の貴族」と呼ばれていました。マルチーズは、ヨーロッパで猟犬や、使役犬としてではなく、最初から愛玩犬として飼われた犬種として、もっとも古い歴史を持っています。

紀元前1500年頃、貿易の中継点だったマルタ島にフェニキアの水夫たちが持ち込んだ犬が元になっているといわれています。マルチーズに関する記述は紀元前300年頃に記録されており、ギリシャの美術にはマルチーズと同じような犬が5世紀頃から描かれていました。

この犬たちはよくヨーロッパやアジアに持ち出されていきましたが、マルタ島に残ったマルチーズたちは他の犬種と隔離され、何世紀もの間純粋な交配が繰り返されてきたため、結果として独特な特質を受け継ぐことになりました。

長く、シルクのように輝く純白の被毛はこの犬種のトレードマークですが、初期のマルチーズには白以外の毛色も存在していました。

14世紀初めにはイギリスに持ち込まれ、ビクトリア女王をはじめとする王室貴族が寵愛しました。上流階級の婦人たちから「抱き犬」として高い支持を受け、著名な著述家たちがこぞってこの犬種のよい評判を書きたがりました。さらに、この犬たちは平凡な犬とは違い、ギリシャ人はマルチーズのために墓を建て、ローマ人はマルチーズのために詩を詠み肖像を残したといわれています。

フランスでは15世紀、他のヨーロッパ諸国では19世紀にマルチーズが一躍流行犬となり、破格の高額で取り引きされていました。

アメリカでは、1877年頃までマルチーズは「マルチーズ・ライオン・ドッグ」として紹介されていました。「ライオン・ドッグ」とは、犬たちの被毛をライオンのたてがみのように切っていたことに由来していると考えられています。その後、1888年にAKCに認定されることになります。この犬種の人気は徐々に上昇し、マルチーズは現在も代表的な愛玩犬として世界中で高い人気を維持しています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 皮膚疾患
眼科検査・股関節検査をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column03-01-ph01

    2015-1-19

    理論食事療法と実践食事療法は違う!

    理論栄養学と実践栄養学 愛犬の病気は年々 難治化、複雑化しています。 栄養的な愛犬の相談が、…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る