ファラオ・ハウンド

dog-noimage

ファラオ・ハウンド

犬種の特徴

ファラオ・ハウンドは、細くてスタイルの良い体型。体高よりもわずかに体長が長く、軽やかで流れるような足取りで、頭を高くあげて誇らしげに歩く姿が特徴的です。 この犬種は優雅な身のこなしと力強くすばやい動きで、足場の悪い所や、狭い岩壁の間などどんな地形のところでもすばしこく走り抜けることができます。
被毛は、短く、光沢のあり、毛色は、濃いタンで胸の部分には、白いホワイトマーキングがはいります。

ファラオハウンドの性格は、おとなしいほうですが、活発で遊び好き、賢くて、社交的ですので、他の犬や子供とも仲良くできます。猟犬本能が強く残っているため、猫、鳥、げっ歯類をみると追いかけて捕まえてしまうことがあるので要注意です。独立心が強いですが、愛情深い犬種です。

この犬の歴史

ファラオ(エジプトの王)の称号をもつ古代アフリカン・ハウンドの子孫で、5000年前のエジプト王の墓の中にファラオ・ハウンドと似た体形の犬が描かれている事によって、エジプトで飼育され、ファラオの寵愛を受けていた犬と信じられています。紀元前、エジプトからフェニキア商人の船に乗ってマルタ島にやってきた犬が、祖先犬だろうと考えられています。

この犬種はもっとも古くから存在していたとされる“原始犬”のひとつといわれ、3000年以上に渡ってその外貌はほとんど変わっていません。

また、エジプトのファラオの墓に描かれているジャッカル神のアヌビス(死者の審判者;頭はジャッカルで体は人間)にも、さらに古代ギリシャの芸術作品のなかに描かれている犬たちにも非常によく似ています。おそらく、海洋民族であるフェニキア商人たちによってギリシャや北アフリカのマルタ島、またはゴゾ島に持ち込まれ、そこで、外界からほとんど隔離された状態で生き続けていたといわれています。その結果、現在のファラオ・ハウンドは古代エジプト時代とほとんど変わらない姿なのです。

こういった島々でこの犬たちは、マルタ語で「ケルブ・タル・フェネック(ウサギ犬)」と呼ばれ、主にウサギ狩りで活躍していました。狩りが始まると何頭かのファラオ・ハウンドが、夜、ウサギの臭いを追跡させるために放たれます。ウサギが岩の割れ目などに隠れているのを見つけると、その居場所を吠えて知らせます。そこに、鈴をつけたフェレットが放たれて狭い場所まで入り込みウサギを追い詰め、ウサギが外へ飛び出したところを待ち構えていた犬がしとめるといった方法でした。

1930年代から1960年代にゴーゾ島からイギリスに輸入され、5000年前の由来からファラオ・ハウンドと言う名称で呼ばれるようになり公認された。AKCが公認したのは1983年の事である。現在ファラオ・ハウンドはマルタ共和国の国犬となっています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 特にありません。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column05-02-01-ph01

    2015-9-24

    みなさまに感謝

    応援メッセージたくさんありがとう たくさんの応援メッセージありがとうございました。 一通一通…

今の時期注目のコラム

  1. kidney-goodfood-ph01
    犬の腎臓病に良い食べ物についてすべて解説 腎臓病の犬には、腎機能の負担となる栄養素を制限しながら、…
  2. 犬 腎臓病
    犬が腎臓病の食事を食べない原因と5つの対処法 犬は慢性腎臓病が進むに連れて、食欲低下などの症状が現…
  3. 犬腎臓 療法食
    犬の腎臓病の療法食を徹底解説 犬の腎臓病(腎不全)の療法食について詳しく説明します。犬の療法食とは…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る