ブル・テリア

ブル・テリア

ブル・テリア

犬種の特徴

ブル・テリアは、格好のよい外見と強固な性格の持ち主で、まさに格闘士のようです。がっしりと丈夫で筋肉質がたくましく、均整がとれた体型、独特の頭部が特徴的です。その大きな口からも顎の力強さがうかがえます。

被毛は短く硬く、美しい光沢があります。色はホワイトが主流ですが、ブリンドル、ブラックブリンドル、フォーン、レッドアンドホワイト、トライカラー有色犬などもいます。

ブル・テリアは、活発で、愛嬌があり、遊び好きです。主人の喜ぶことを好んでやる、忠実な犬種ですが、見知らぬ人には、警戒心を見せることがあります。強力な顎を持っているため、いたずらが過ぎないように、毎日十分な運動をさせることが大切です。

この犬の歴史

ブル・ベイティング(ヨーロッパで行われていた、牛と犬を闘わせる見世物)や闘犬が、最上の娯楽として多くのヨーロッパ人を熱狂させていた頃、ブル・テリアは、最高の闘犬を目指して交配が続けられていました。

1835年頃、ブル・ドッグとホワイト・イングリッシュ・テリアの交配によって、より闘犬に適した犬種「ブル・アンド・テリア」が作り出されました。

その後、スパニッシュ・ポインターの血が加えられて、大型の頑強かつ機敏な犬が誕生し、闘犬界に君臨するようになりました。ただし、ドッグ・ショーの盛んだったイギリスでは、この犬種は社会の下級階層を連想させるとして、あまり注意を払われませんでした。

ところが、闘犬が廃止されたことによって、愛好家たちは犬に闘わせることをやめ、新しくできたルールに従って、犬の容姿を重視しながら繁殖を行い始めたのです。1860年頃、ジェイムス・ヒンクスがブル・アンド・テリアに、ホワイト・イングリッシュ・テリアとダルメシアンを掛け合わせ、真っ白な品種を作り出し、ブル・テリアと名付けました。ホワイトは始めのうちは劣等犬として見下されていましたが、ドッグ・ショーの世界で注目を集め、一気に有名になりました。

筋肉質で整った体型を持ったブル・テリアは、傍らに置きたい愛玩犬として若い紳士たちにもてはやされました。また、戦闘能力ではなく、その防衛能力が評判になり、“ホワイト・キャバリア(白い騎士)”とも呼ばれるようになりました。

1936年、AKCに登録され、犬種としての地位を認められるようになりました。愛嬌のある性質やしぐさは多くの人々を魅了し、現在も映画や広告に人気の犬種です。

ブル・テリアのサイズをそのまま小さくしたミニチュア・ブル・テリアも作出されていて、ミニチュア種はブル・テリアとして生まれた小型の犬を選抜して1930年に作り出されました。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 聴覚障害(ホワイト種)・腎臓疾患
予防として、聴覚検査 (ホワイト種)をしておくことをおすすめします。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column03-03-ph01

    2015-9-25

    化粧品とドッグフード

    <化粧品とドッグフード> ~ 良きドッグフードの知られざる基準とは ~ 化粧品とドッグフード…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る