ブリュッセル・グリフォン

dog-noimage

ブリュッセル・グリフォン

犬種の特徴

ブリュッセル・グリフォンは体高と体長がほぼ同じ長さの体型をしており、がっしりとした体格の小型犬で、サイズの割にはしっかりした骨格を持っています。活発ですばやく動き、よく発達した脚をもち、適度な歩幅で地面をしっかりと踏みしめて歩きます。

頭部の毛が他の毛よりも長く、針金のように硬いラフ・タイプの被毛と、直毛で硬いスムース・タイプの被毛の2種類があります。

陽気で、独立心が強い、ブリュッセル・グリフォンは、どんな場合でも自分の意思を主張します。いつも自信に満ち溢れており、喜びを体いっぱいで表現する活発な犬種です。

この犬の歴史

ベルギー原産のブリュッセル・グリフォンの祖先犬は、アーフェンピンシャーとベルギーの土着犬、そしてグリフォン・デキュリ、などを祖先犬に持つと考えられています。これらの犬種はブリュッセルで、馬車の護衛犬として評価されていましたが、そのどこか気取った態度とこっけいな振る舞いが人々を魅了し、泥棒を追い払うというよりも乗客を集めるのに役立っていたようです。

これらの犬たちは1800年後半に、ポーランドで人気の高かったパグと交配され、短吻で上向きの顔をも つ陽気な仕種の小型犬になりました。被毛は、粗くて硬い針金のような被毛を持ったラフ・タイプと、被毛が短くてまっすぐなスムース・タイプ(プチ・ブラバンソン)の2タイプが誕生することになります。

グリフォンという言葉がフランス語で“針金のような”という意味を示すため、名前とは対照的なスムース・タイプは最初、なかなか受け入れられませんでしたが、1880年にはベルギーのドッグショーでその存在が認められることになります。同じ頃、ヨークシャー・テリアとイングリッシュ・トイ・スパニエルとの交配が進められ、のちのブリュッセル・グリフォンの頭部の形に影響を与えたといわれています。

19世紀の後半にはブリュッセル・グリフォンがベルギー王室で飼育された事により急速に人気が高まりました。

第一次世界大戦によってその数は少々減りましたが、その後はまた徐々に頭数が増え、熱心な愛好家の支持を得ることになりました。

国によっては赤みがかった長い被毛の犬のみがブリュッセル・グリフォンとして分類されており、黒く長い被毛のものはベルジアン・グリフォンとして、スムース・タイプのものはプチ・ブラバンソンとして分類されています。

かかりやすい病気

気をつけたい病気 特にありません。

獣医師・宿南章獣医師

投稿者プロフィール
【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら)
   
【資格】 獣医師免許(1993年取得)
   
【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員

ペットフード公正取引協議会 会員

The Royal Society for the Protection of Birds 会員

日本盲導犬協会 会員

野生動物救護獣医師協会 正会員
   
【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父(やぶ)市出身。

日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。
横浜で犬猫の動物病院に勤務。その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。
その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。

   
【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習

1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習

1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間)

1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目)

1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目)

2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修
   
【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A.SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004
   
【著書】 「薬いらずで愛犬の病気は治る」WAVE出版 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. ic-column06-01-02-ph01

    2015-9-24

    チワワは頭をたたいてはダメ

    <チワワの頭は繊細なガラス> 小型犬、特にチワワは、決して頭をたたいてはいけません。 それは…

今の時期注目のコラム

  1. 世界の飼主に衝撃!海外ドッグフードの汚染ニュース これはアメリカの大手のマスメディアCNNが大…
  2. ワンちゃんは毎日同じエサで飽きないのか? 弊社のお客様からも「エサを食べなくなったので」という…
  3. ic-20170209
    輸入物のフードの気をつける点 グレインフリーのフードと並び近年では海外からのドッグフードもホー…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る