カテゴリー:関節に関する病気

  • skin-joint-all

    股関節形成異常

    股関節形成異常(こかんせつけいせいいじょう) 股関節が正常に形成されていない病気です。おもに、遺伝的要因もありますが、成長する環境での変形も考えられるといわれており、シェパード、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レ…
  • skin-joint-all

    くる病

    くる病(くるびょう) くる病は、栄養状態の悪い時代には、人間にも良く見られる病気でしたが、犬の場合は成長期に起きやすい 骨の病気だといわれています。 くる病になると、骨の成長に異常が起きてしまうため、骨に湾曲が…
  • skin-joint-all

    股関節脱臼

    股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 股間節脱臼は、股関節の骨盤と大腿骨をつないでいる靭帯が切れてしまい、大腿骨が股関節からずれてしまった 状態をいいます。 股関節のくぼみが浅いと大腿骨がしっかりはまっていないた…
  • skin-joint-all

    椎間板ヘルニア

    椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア) 椎間板ヘルニアは、激しい運動(全力疾走や段差の上り下り、跳んだり体をねじったりなど)や肥満、骨の老化などで、頭部や胴体の重みを支える脊椎の、特にクッションの役割をする椎間板への負…
  • skin-joint-all

    レッグ・カルベ・ペルテス病

    レッグ・カルベ・ペルテス病 大腿骨の頭への血液供給が悪くなり、壊死してしまう病気で、小型犬の1歳未満の若い子によくみられます。 大腿骨が成長する時期に、関節周囲の構造に炎症が起こり、血液供給の悪くなった大腿骨頭は…
  • skin-joint-all

    ひざの前十字靭帯の断裂

    ひざの前十字靭帯の断裂(ひざのぜんじゅうじじんたいのだんれつ) 靭帯が切れてしまうと、急性断裂では、体重が掛けられなくなり、突然後ろ足を上げて歩くようになります。慢性化したものでは、足を引きずる跛行や立ったり座ったりの…
  • skin-joint-all

    骨盤骨折

    骨盤骨折(こつばんこっせつ) 交通事故や、高い所からの落下など、外部からの力によって骨の正常な形がそこなわれてしまった状態です。 犬の骨折のなかでも多くを占めるのが骨盤骨折です。交通事故など外部からの力によるもの…
  • skin-joint-all

    椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)

    椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア) 椎間板ヘルニアは、激しい運動(全力疾走や段差の上り下り、跳んだり体をねじったりなど)や肥満、骨の老化などで、頭部や胴体の重みを支える脊椎の、特にクッションの役割をする椎間板への負…
  1. ic-column02-02-01-ph01

    2015-1-26

    愛犬の食事療法食~美味しいものをあげたい!~

    病気と食事によるケア ~病気の時はおいしいものを愛犬に食べさせてあげたい!!~ 食事療法と栄…

今の時期注目のコラム

  1. 20171025-12-ph01
  2. 20171025-11-ph01
    結石になりやすい犬種とは? 結石にも種類があってそれぞれ原因と治療法が違うというお話をしま…
  3. 20171025-10-ph01
    愛犬・愛猫の結石は命に関わるので注意!【2,結石の種類編】 愛犬にとても多いのが2種類の結石です。…
無料小冊子プレゼント
無料小冊子プレゼント
ページ上部へ戻る