マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
お試し品成犬用シニア犬用子犬用
皮膚サポート腎臓サポート肝臓サポート心臓サポート関節サポート介護サポート


皮膚トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 皮膚サポート

\926(税抜)~ 
 
腎臓トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 腎臓サポート

\926(税抜)~ 
 
減量・ダイエットの為に!
犬用療法食 満腹感サポート

\926(税抜)~ 
 
モニターさんの声から製品化
デイリースタイル・ビーフ

\2,980(税抜)
 
犬に最適な鹿肉使用!
鹿肉ドッグフード・成犬用

\926(税抜)~ 
会員様ログインパスワードを忘れた方








お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚サポートお試し
腎臓サポートお試し
肝臓サポートお試し
膵臓サポートお試し
満腹感サポート
 お試し
心臓サポートお試し
介護サポートお試し
関節サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
 牛肉ドッグフード
DailyStyleビーフ
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
療法食 皮膚サポート
療法食 腎臓サポート
療法食 心臓サポート
療法食 肝臓サポート
療法食 膵臓サポート
療法食 介護サポート
満腹感サポート
関節・椎間板サポート
G.A.N.コントロール
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座

一般社団法人ペットフード協会



お支払方法
送料・お届け
返品交換
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > コラム一覧 > ドッグフードは天使か、悪魔か(3)
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 




残飯は悪で、ドックフードは善!?そこには大きな問題が!

「先生、残飯は悪くて、ドッグフードは善なのですね! 
今日からドッグフード全面信頼で行きます!」 
っということになりますが、話しはそう簡単ではありません。

「えぇ〜〜、ドッグフードは寿命が長くなり、残飯はタンパク質が少なくて寿命が短くなるんですよね! ドッグフードが勝ちで、残飯が負けでしょう。」
寿命でみれば、その通りです。

そこには大きな問題が隠されています。


 

皮膚炎やかゆみなどの症状は何歳から?

たとえば、講演会場などで、こう質問してみます。
「みなさん、昔、犬を飼育されていて、皮膚炎やかゆみで悩まれたかた、いらっしゃいますか〜?」

ほとんどの方が 「いいえ(NO)」 と答えられると思います。 (実際になんど聞いてもノーです。)

「では、いまは、どうですか!?」

皮膚疾患で治療しています!!
かゆみが止まらない
真っ赤になって、毛が抜けた・・・

などなど 話しがドンドン出てきます。

昔の犬の寿命が7歳ぐらいとして、今飼っている犬が、7歳以降に皮膚炎やかゆみに悩まされたのであれば、それは寿命が長くなって起きていることになります。
昔の犬と同じように、いま飼育している犬も、若い時期(7歳まで)を比べないとフェアでないですね。

なので、

「では、皮膚炎やかゆみは何歳頃から起きましたか?」 と聞いたところ、 「7か月」、「2歳」、「1歳」、「1歳半」とかなり若い時期に皮膚炎、かゆみ、外耳炎などが、発症し困られた方も多いと思います。

環境要因はありますが、昔の残り物(残飯)を与えていた頃には起きていなかった症状が起きているのです。人も同じで、アトピーや喘息が増えているのと同じもいえます。







物事に、原因のない結果はありません。

必ず、困ったことには原因があります。多くの問題は、その真の原因を発見できないか、誤るところが難治化の理由です。

すでに、昔に食べていた肉や植物と今は違ってきています。自分の田畑だけ有機無農薬だとしても、河川は他の農地からの農薬・化学肥料が流入し、隣国からの化学汚染物質が風や雨で日本に降下しています。
私たちは日常的に10万種類の化学物質に触れていると言われています。これは人と一緒に住む愛犬も同じと考えていいのではないでしょうか。

私たちは、前に進みながら問題を調和的に解決してゆく必要があるように思います。
何ごとも、長所と短所があります。

天使であり、悪魔でもあるかもしれないのです。

そのメリットとなる良い面、デメリットとなる悪い面を飼育者である飼主が理解し、実践できるその方法ことがいま愛犬家に求められていることだと思います。

本当の真実を、知ってみたくなってきませんか!

(⇒次の記事へつづく)


 


ドッグフードは天使か、悪魔か(1)
ドッグフードは天使か、悪魔か(2) 〜栄養欠乏で寿命が半分に〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(3) 〜隠された真実〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(4) 〜皮膚炎を治す〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(5) 〜救世主 手作り食で急死する悲劇〜
手作り食で短命・突然死の危険を知る! 第6話ドッグフードは天使か、悪魔か(6)
手作り食の「我流」が招く不幸! 第7話 ドッグフードは天使か、悪魔か(7)
革命の後に来た苦悩フード 第8話 ドッグフードは天使か、悪魔か(8)



 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

   



初めての方へ
大切な愛犬、まだあきらめないで!
体に悪いドッグフード、食べさせていませんか?
犬の食事のよる自然療法とは?
 

Yahooショッピング店
TOP > コラム一覧 > ドッグフードは天使か、悪魔か(3)
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認