マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
お試し品成犬用シニア犬用子犬用
皮膚サポート腎臓サポート肝臓サポート心臓サポート関節サポート介護サポート

犬用療法食 皮膚サポート
デイリースタイル犬用食事療法食
皮膚サポート1s

\4,880 
  犬用療法食 腎臓サポート
デイリースタイル犬用食事療法食
腎臓サポート1s

\4,880 
  犬用療法食 膵臓サポート
デイリースタイル犬用食事療法食
膵臓サポート1s

\4,880 
  犬用療法食 G.A.N.コントロール
デイリースタイル犬用食事療法食
G.A.N.コントロール1s

\4,880 
会員様ログインパスワードを忘れた方








お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚サポートお試し
腎臓サポートお試し
膵臓サポートお試し
介護サポートお試し
心臓サポートお試し
関節サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
療法食 皮膚サポート
療法食 腎臓サポート
療法食 心臓サポート
療法食 肝臓サポート
療法食 膵臓サポート
療法食 介護サポート
関節・椎間板サポート
G.A.N.コントロール
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座

一般社団法人ペットフード協会



お支払方法
送料・お届け
返品交換
FAX注文
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > もっと体に良いフードにしませんか?
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 


重要なポイントは「犬の進化の歴史に合いやすい原料の物」「フードの匂い」

私の経験では、ワンちゃんの体質に合った良いドッグフードを探すのはかなり大変なことだと思っています。
人が食べることができる食材の仕様、より高品質な素材、肉類と穀物の微妙なバランスなどと体の弱いワンちゃんにとって、細部までいき届いた配慮をしてゆくことは、とても大切なことだと考えています。

肉類と穀物のバランスが重要な理由は、犬は祖先のオオカミと雑食性の人との中間に位置しているからです。
そのため、人に近い食事に適応できる一方で、犬にとってより必要とされる栄養は不足しないよう、人の食材が有害となる場合も多いため、それらをできるだけ排除してあげる配慮が必要となります。

実際に、私がこれまで診察で見てきたワンちゃんの多くは、食べ物に原因を抱えていることが多く、食事を改善することで症状の改善もみられてきました。

では、どんなフードを選んだらよいのでしょうか?
重要なポイントは「犬の進化の歴史に合いやすい原料の物」「フードの匂い」です。

ワンちゃんに適したフード選びのポイント!

「犬の進化の歴史に合いやすい原料の物」というのは犬の祖先はオオカミです。オオカミは動物の肉を食べていました。
そのため、ワンちゃんの歯は円柱状の肉を切り裂いて食べやすいようになっています。
歯の構造からみても、本来犬に適した食べ物は肉なのです。
  フードを選ぶ時のポイントはラベルの原材料の部分を見ることです!
原材料の表記は左から多い順に記載するようになっていますので、先頭に「肉」と書いてあるドッグフードの方がワンちゃんに適しているといえます。
価格が高い場合はなるべく先頭に近いところに「肉」と記載されているフードを選んであげましょう。
  私たち人間も、美味しそうな匂いがすると食欲がわきますよね。
ワンちゃんたちも同じです。
犬は肉食系の動物がルーツなので、穀類よりも肉類の香りがするフードの方がワンちゃんに適しています。
ですので、フードの匂いを嗅いで穀物の匂いが強いフードはなるべく避けましょう。



意外と気をつけていないのが「おやつ」

そして、意外とみなさんが注意されていないのが「おやつ」です。
普段頻繁にあげるドッグフードには比較的注意が向くのですが、「おやつ」までは気にされていない飼い主さんもいらっしゃいます。
おやつで注意すべきは「プロピレングリコール」という成分です。
これは有機化合物の一種で、素材をいつまでもやわらかい状態で保持することができる成分のため、おやつなどで使われることがあります。また、防腐剤としても使用されます。

しかし、ワンちゃんの中には体内のプロピレングリコールを十分解毒ができなく、具合が悪くなってしまう子がいます。
これは犬と祖先が同じ猫では、すでにプロピレングリコールの有毒性が知られています。

おやつ選びをするときには、念のためプロピレングリコールの入っていないものを選ぶようにしましょう。
 

もうひとつ注意が必要なのが「野菜」です。
犬の祖先は肉食性でしたので、植物中に含まれるアルカロイドなどの化学物質にふれる機会が少なく、進化生物学的にみても植物が持つ成分にとても弱い傾向があります。

代表的なものだけでも、玉ねぎ・長ネギ(アリルプロピルジスルフィド)、ニンニク・ニラ・ラッキョウ(アリシン)、チョコレート・ココア(テオプロミン)、じゃがいもやトマトの青い部分(チャコニン)、キシリトール(白樺など)、ぶどう(レーズン)などが有名です。

実際に、犬の解毒代謝は人と比べ弱い部分があることが知られています。

最後に意外と重要な「ブランド」

また、最後に「ブランド」というのも重要になってきます。
ブランドによってどうしても製造過程での品質、こだわりなど差が出てしまいます。
フードを選ぶ時は家族である愛犬への配慮や温もりを感じられる信頼できるフードを選ぶといいでしょう。

 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

 



TOP > もっと体に良いフードにしませんか?
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認