マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
>>配送状況及び五輪開催に伴う夏期休暇について >>新型コロナウイルス対策について
お試し品 定期購入 グレインフリー(低アレルゲン)
成犬用(1~7歳)
皮膚ケア・サポート
膵臓の健康サポート
シニア犬用(7歳以上)
腎臓の健康サポート
心臓の健康サポート
子犬用(1歳未満)
肝臓の健康サポート
介護サポート
牛肉ドッグフード
満腹感サポート(減量)
関節椎間板の健康サポート
G.A.N.コントロール    消化器の健康サポート(低脂肪) 犬用おやつ
濃縮栄養補完食 わんちゃんの為のグルコサミン(サプリ)

皮膚や被毛の健康維持に
皮膚の健康サポート

お試し\480(税込528円)~
 
愛犬の腎臓の健康維持に
腎臓の健康サポート

お試し\480(税込528円)~
 
減量・ダイエットの為に!
犬用療法食 満腹感サポート

お試し\480(税込528円)~
 
モニターさんの声から製品化
デイリースタイル・ビーフ

お試し\200(税込220円)~
 
遂に登場!グレインフリー
DearMate(カンガルー肉)

お試し\200(税込220円)~
会員様ログインパスワードを忘れた方







お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚の健康サポート
GF皮膚ケアお試し
 グレインフリー
腎臓の健康サポート
肝臓の健康サポート
膵臓の健康サポート
消化器の健康サポート(低脂肪)お試し
満腹感サポートお試し
心臓の健康サポート
介護サポートお試し
関節・椎間板の健康サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
 グレインフリー
DearMateグレインフリー・カンガルー
 牛肉ドッグフード
DailyStyleビーフ
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
皮膚の健康サポート
療法食 GF皮膚ケア
 グレインフリー
腎臓の健康サポート
心臓の健康サポート
肝臓の健康サポート
膵臓の健康サポート
療法食 介護サポート
満腹感サポート
消化器の健康サポート
関節・椎間板の健康サポート
G.A.N.コントロール

 安心のおやつ
極上やわらかささみ巻き
極上やわらかささみ細切り

 フードと一緒に
わんちゃんの為の
グルコサミン
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座



お支払方法
送料・お届け
返品交換
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > コラム一覧 >6500万年前の食肉動物が犬の祖先(犬の進化@)
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 




6500万年前の犬の祖先

6500万年前、肉食の食肉類(食肉目、ネコ目ともいいます)が現れます!
恐竜が絶滅後の世界です。

犬は、この6500万年前の肉食類の子孫で、肉食動物の流れの動物です。

穀類を食べ始めたのは、人と共同生活をはじめた約1万年以降です。

犬の栄養面を考えた時に、このような歴史から第一番目に、肉の重要性、第2番目に、穀類の重要性の検討が必要になります。

現代ドッグフードが、「肉」と「穀類」 が主体でできているのは、このような理由からです。

時間があれば、犬の食性について、恐竜絶滅後の哺乳類が発生した6500万年前の歴史から説明してゆきます。たぶん、そうすると犬に何が必要で、なにが不必要か、理解いただけると思います。

同様に、犬が祖先の時代から口にしなかった食べ物も理解いただけると思います。


食肉類は、犬系 猫系 の大きく二つ

犬 と 猫 が食肉類の2本柱

恐竜絶滅後の世界に現れた食肉類(食肉目、ネコ目ともいいます)は、『犬歯』を発達させた動物です!!

犬歯は、肉を切り裂く武器として、食肉類を繁栄に導きました!!
犬と猫は、共通先祖を持つのです。

6500万年前〜3000万年前まで、その共通先祖の時代が続いたと考えられています。

食肉目は、「イヌ亜目」 と 「ネコ亜目」 に3000万年前、分かれます。

いまでも、犬と猫は似た傾向の体内代謝を持つのは、先祖が同じだった時間(3500万年間)と長いからです。

なので、現代の犬が食べるものであっても、猫が食べないもの、猫に毒性になるものは、予防原則的な視点からみると、とても気を付けて与える必要があることがわかります。

これが、新しく確立されつつある「進化医学」の視点となります。

(⇒次の記事へつづく)
6500万年前の食肉動物が犬の祖先(犬の進化@)
犬猫グループは肉食動物の中の肉食動物(犬の進化A)
犬グループと猫グループの戦い!?(犬の進化B)
鹿に隠された秘密(犬の進化C)
広大な草原の出現(犬の進化D)
イネ科を消化できる反芻動物(犬の進化E)
犬に玉ネギが悪い理由(犬の進化F)


 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

   



初めての方へ
大切な愛犬、まだあきらめないで!
体に悪いドッグフード、食べさせていませんか?
犬の食事のよる自然療法とは?
 


TOP > コラム一覧 >6500万年前の食肉動物が犬の祖先(犬の進化@)
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認