マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
お試し品 定期購入 グレインフリー(低アレルゲン)
成犬用(1~7歳)
皮膚サポート
膵臓サポート
G.A.N.コントロール
シニア犬用(7歳以上)
腎臓サポート
心臓サポート
濃縮栄養補完食
子犬用(1歳未満)
肝臓サポート
介護サポート
牛肉ドッグフード
満腹感サポート(減量)
関節サポート


皮膚トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 皮膚サポート

\480(税抜)~ 
 
腎臓トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 腎臓サポート

\480(税抜)~ 
 
減量・ダイエットの為に!
犬用療法食 満腹感サポート

\480(税抜)~ 
 
モニターさんの声から製品化
デイリースタイル・ビーフ

\480(税抜)
 
遂に登場!グレインフリー
DearMate(カンガルー肉)

\480(税抜)~ 
会員様ログインパスワードを忘れた方






お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚サポートお試し
腎臓サポートお試し
肝臓サポートお試し
膵臓サポートお試し
満腹感サポート
 お試し
心臓サポートお試し
介護サポートお試し
関節サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
 グレインフリー
DearMateグレインフリー・カンガルー
 牛肉ドッグフード
DailyStyleビーフ
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
療法食 皮膚サポート
療法食 腎臓サポート
療法食 心臓サポート
療法食 肝臓サポート
療法食 膵臓サポート
療法食 介護サポート
満腹感サポート
関節・椎間板サポート
G.A.N.コントロール
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座

一般社団法人ペットフード協会



お支払方法
送料・お届け
返品交換
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > コラム一覧 > ドッグフードは天使か、悪魔か(7)
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 




我流(がりゅう)の危険性!!

飼主の良かれと思う行動が、愛犬に通じないことがあります。

たとえば、尿漏れを起こす中年の愛犬に、飼主が飲んでいる漢方薬を与えたケースがあります。
私は、その話しを聞き、漢方を我流で与えられないようにお伝えしました。
人と犬とは体の働きが違い、人に良くても犬に悪いものが多いからです。
漢方が原因かどうかは分かりませんが、その愛犬は、1年後、急性膵炎で突然他界しました。

薬も食べ物も『犬の立場で』考えてあげる必要があると思います。
犬が「なにを…求めているのか?」 という疑問の解決に長い時間がかかりました。

世界から集めた薬草は2000種類
栄養素や食品2000種類
特殊な代謝成分は4000種類

ここまで必要ありませんが、少なくとも基本中の基本は理解して犬の手作り食をあげる必要があると思います。単に良い面ばかり伝えられることも多いですが、そんなに簡単であれば、昔からそうされていると思いませんか?

適切な正しい手作り食は大変に有用です。しかし、一歩間違えると愛犬を短命にする危険は認識しておく必要はあると思います。


愛犬に手作り食で好きなものばかり与えていませんか?

人の子供に対しても同じで、
喜んで食べるもの=犬にとって本当の幸せにつながらないこともあります。

愛犬に手作り食で好きなものばかり与えていませんか?

あと、犬の健康を考えるあまりに人間に役立つ食材を与えすぎていないでしょうか?(先ほどの漢方のケースを思い出してください。)

犬が好きなものだけを与え続けることも、犬の代謝も考えずに、人に良いものを犬に与えるのも犬の立場で考えられていない食生活といえるかもしれないのです。

少なくとも最低限ですが、手作り食では、次のことに配慮する必要があるでしょう!

<ナトリウム、カリウムのバランス(基準値)>

手作り食ではナトリウム((Na)欠乏、カリウム(K)過多が起きやすいです。

一般には塩分(ナトリウム過多)が心配されていますが、それに注意している方は、かえって今度は、ナトリウム不足と同時にカリウム過多を起こしていることが多いです。

カリウムは過剰になると心臓停止を引き起こすミネラルです。

ですが、このような基本的な栄養の基礎(基準)が手作り食で守られていないことが多いです。

特に塩分(ナトリウム)を加えずに、肉や野菜を多くされていると、カリウム過多が起き、突然の心停止を起こす危険が高まります。ちゃんとした手作り食の指導者は、最初にこのことを徹底して教えてくれるはずです。栄養学として、最低限守るべき大鉄則です。

塩分(ナトリウム)は、過剰になっても、不足しても命に関わるミネラルです。ですから、犬の食事でも、最も重要なバランス感覚が必要な栄養素です。手作り食では、一番最初に知るべき重要項目といえるでしょう。

⇒次の記事へつづく



ドッグフードは天使か、悪魔か(1)
ドッグフードは天使か、悪魔か(2) 〜栄養欠乏で寿命が半分に〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(3) 〜隠された真実〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(4) 〜皮膚炎を治す〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(5) 〜救世主 手作り食で急死する悲劇〜
手作り食で短命・突然死の危険を知る! 第6話ドッグフードは天使か、悪魔か(6)
手作り食の「我流」が招く不幸! 第7話 ドッグフードは天使か、悪魔か(7)
革命の後に来た苦悩フード 第8話 ドッグフードは天使か、悪魔か(8)



 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

 



初めての方へ
大切な愛犬、まだあきらめないで!
体に悪いドッグフード、食べさせていませんか?
犬の食事のよる自然療法とは?
 


TOP > コラム一覧 >ドッグフードは天使か、悪魔か(7)
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認