マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
お試し品 定期購入 グレインフリー(低アレルゲン)
成犬用(1~7歳)
皮膚サポート
膵臓サポート
G.A.N.コントロール
シニア犬用(7歳以上)
腎臓サポート
心臓サポート
濃縮栄養補完食
子犬用(1歳未満)
肝臓サポート
介護サポート
牛肉ドッグフード
満腹感サポート(減量)
関節サポート


皮膚トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 皮膚サポート

\480(税抜)~ 
 
腎臓トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 腎臓サポート

\480(税抜)~ 
 
減量・ダイエットの為に!
犬用療法食 満腹感サポート

\480(税抜)~ 
 
モニターさんの声から製品化
デイリースタイル・ビーフ

\480(税抜)
 
遂に登場!グレインフリー
DearMate(カンガルー肉)

\480(税抜)~ 
会員様ログインパスワードを忘れた方






お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚サポートお試し
腎臓サポートお試し
肝臓サポートお試し
膵臓サポートお試し
満腹感サポート
 お試し
心臓サポートお試し
介護サポートお試し
関節サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
 グレインフリー
DearMateグレインフリー・カンガルー
 牛肉ドッグフード
DailyStyleビーフ
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
療法食 皮膚サポート
療法食 腎臓サポート
療法食 心臓サポート
療法食 肝臓サポート
療法食 膵臓サポート
療法食 介護サポート
満腹感サポート
関節・椎間板サポート
G.A.N.コントロール
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座

一般社団法人ペットフード協会



お支払方法
送料・お届け
返品交換
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > コラム一覧 > ドッグフードは天使か、悪魔か(2)
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 




犬に残ったご飯(残飯)はあげて良かったのか?

今と昔を比べると犬の寿命をみたとき、人の残り物を食べて飼育されていた頃の犬の平均寿命は7歳ぐらいです。

ところが現代のドッグフードで飼育されているワンちゃんの平均寿命は13歳ですから、6年以上も寿命が伸びたことがわかります。

また、ドッグフードが普及する以前(40年前)は、日本の家庭で飼われていた犬のほとんどは、日本犬(和犬)かその雑種が多かったということです。

和犬は日本人と長く生活してきたため日本人の食生活にかなり適応しています。欧米の犬(洋犬)に比べて、穀類が消化できるよう大腸という消化器官が発達しています。

洋犬(欧米の犬)は大腸が短く、肉類をたくさんとり、穀類が少ない食事に適した構造になっています。

 

 

犬の短命はタンパク質不足!?

昔は人の残ったご飯(残飯)で飼育していたんだから、いまも残飯が犬にとっていいという考えは、確かに日本犬(和犬)はお米を食べ、肉類が少ない生活を過ごしていたといえるからです。
しかし、この考えを、現代飼育されているワンちゃんの大半が洋犬(ヨーロッパ生まれの犬)に当てはめるわけにはいきません。

洋犬は、主に狩猟や牧畜といった肉が十分に食べられる環境で生活をしていました。そのため、その犬を日本の食事の残りで飼育すると栄養欠損を起こすと考えられます。

日本の食事の残り物で飼育されていた洋犬がとても短命だったり、虚弱だったという話しをよく聞きますが、その理由は蛋白質不足と思われます。


 

人の残飯だけ与えていたことによる犬の栄養欠損が…

では、日本犬は、日本食の残りもの(残飯)で長命だったでしょうか?実は、洋犬ほどでないにしろ短命でした。

日本でも、犬は江戸時代狩りの獲物の肉や骨を大量に摂りつづけていたのですが、西洋ほど狩猟は盛んでなかったため、農繁期は農業に専念してしまいました。その期間は、穀類食でも体が維持できる構造的に日本犬は大腸が進化したと考えてよいでしょう。

和犬は長期の蛋白不足には耐えられますが、洋犬と同じく動物性の高蛋白の摂取が身体の維持に必要であろうと考えられるのです。
日本犬は、農業がヒマな時期は狩りに行き、獲物の肉を腹いっぱい食べられる生活だった訳です。

これを誤解して、一般家庭で犬を飼育しているときに、人の残飯だけを与えていると犬の栄養欠損が寿命の短命化に働いたと考えらえます。

現代という人の視点だけでは、犬にとって本当に良い食事がなんなのか、理解しにくい部分があります。

(⇒次の記事へつづく)

 





ドッグフードは天使か、悪魔か(1)
ドッグフードは天使か、悪魔か(2) 〜栄養欠乏で寿命が半分に〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(3) 〜隠された真実〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(4) 〜皮膚炎を治す〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(5) 〜救世主 手作り食で急死する悲劇〜
手作り食で短命・突然死の危険を知る! 第6話ドッグフードは天使か、悪魔か(6)
手作り食の「我流」が招く不幸! 第7話 ドッグフードは天使か、悪魔か(7)
革命の後に来た苦悩フード 第8話 ドッグフードは天使か、悪魔か(8)



 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

 



初めての方へ
大切な愛犬、まだあきらめないで!
体に悪いドッグフード、食べさせていませんか?
犬の食事のよる自然療法とは?
 


TOP > コラム一覧 > ドッグフードは天使か、悪魔か(2)
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認