マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
お試し品 定期購入 グレインフリー(低アレルゲン)
成犬用(1~7歳)
皮膚サポート
膵臓サポート
G.A.N.コントロール
シニア犬用(7歳以上)
腎臓サポート
心臓サポート
濃縮栄養補完食
子犬用(1歳未満)
肝臓サポート
介護サポート
牛肉ドッグフード
満腹感サポート(減量)
関節サポート


皮膚トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 皮膚サポート

\480(税抜)~ 
 
腎臓トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 腎臓サポート

\480(税抜)~ 
 
減量・ダイエットの為に!
犬用療法食 満腹感サポート

\480(税抜)~ 
 
モニターさんの声から製品化
デイリースタイル・ビーフ

\480(税抜)
 
遂に登場!グレインフリー
DearMate(カンガルー肉)

\480(税抜)~ 
会員様ログインパスワードを忘れた方






お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚サポートお試し
腎臓サポートお試し
肝臓サポートお試し
膵臓サポートお試し
満腹感サポート
 お試し
心臓サポートお試し
介護サポートお試し
関節サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
 グレインフリー
DearMateグレインフリー・カンガルー
 牛肉ドッグフード
DailyStyleビーフ
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
療法食 皮膚サポート
療法食 腎臓サポート
療法食 心臓サポート
療法食 肝臓サポート
療法食 膵臓サポート
療法食 介護サポート
満腹感サポート
関節・椎間板サポート
G.A.N.コントロール
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座

一般社団法人ペットフード協会



お支払方法
送料・お届け
返品交換
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > コラム一覧 > ドッグフードは天使か、悪魔か(5)
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 




救世主 手作り食で 難治化多発する皮膚疾患!

現代は、長寿にはなりましたが、治らない病気であふれています。
病院で治る場合は良いですが、治らずに難治化する病気も多いと思います。
これは人の医療と同じです。アトピー性皮膚炎、喘息、リウマチ、ガン、心臓病などなど…

現代ではドッグフードができ、その継続的な改良により犬の平均寿命は13年に伸びました。

ですが、その一方で、アレルギー性の皮膚炎などの皮膚疾患の多発、外耳炎、歯周病、ガン、心臓疾患など、難しい病気が増え、特に、アトピーやアレルギー性皮膚など免疫系の疾患は猛威を振るっています。

いまやドッグフードも再発を抑えることが難しいことが多いのが現状ではないでしょうか。


 

犬と人とは代謝が違います

犬の苦しみを緩和する方法として「手作り食」が注目されています。
あれほど苦しい闘病の中、薬や治療が効かない病気が、手作り食で改善する例がよくあります。
犬もドッグフードより喜んで食べることが多いです。

「あれ、さっき、人と同じように文明の病という話しでしたが、食事で治る?ということ?」

「ということは、フードの問題?」

理由はどうであれ、最近の「手作り食ブーム」はこのような背景があるといえるでしょう。そして、実際に、良くなる子が多いです。

『じゃあ、手作り食で、完全解決!!』

と、言いたいところですが、とんでもない問題が潜んでいます

それは、皮膚病は治ったけれど、
その後、突然死する子がいる!!という問題です。

実は、手作り食にはいろいろな流派があります
ご存じでしたでしょうか?

現代の栄養学に基づいた手作り食もあれば、ほぼ無視したものもあります。

日本で近年話題の手作り食のルーツは、アメリカにあります。

特に有名なのが、アメリカのカリフォルニア大学付属動物病院で指導されている「手作り食」です。

内容的には、ほぼパーフェクトではないかと思います。
1980年代から実践されていたと記憶しています。

日本では1990年代の終わりからペットの栄養について民間資格が生まれています。(その後、2000年以降には類似のいろいろな民間資格が生まれています。)

「人の栄養学」と「犬の栄養学」をごちゃまぜにしている方も散見します。

犬の栄養学と、人の栄養学は、根本が違います!!人と犬とで重なるところもありますが、かなり違い、間違えると危険なところも多いです。

繰り返しますが、犬と人とは代謝が違います!

人と代謝が同じであれば、玉ネギで犬や猫の血液が溶血(血液が壊れて)することはないですよね!

私は獣医で栄養科をしていますので、いろいろな方からご相談や報告を受けますが、配慮が不十分な手作り食では突然死などが多く発生しているという印象を持っています。

(⇒次の記事へつづく)



ドッグフードは天使か、悪魔か(1)
ドッグフードは天使か、悪魔か(2) 〜栄養欠乏で寿命が半分に〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(3) 〜隠された真実〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(4) 〜皮膚炎を治す〜
ドッグフードは天使か、悪魔か(5) 〜救世主 手作り食で急死する悲劇〜
手作り食で短命・突然死の危険を知る! 第6話ドッグフードは天使か、悪魔か(6)
手作り食の「我流」が招く不幸! 第7話 ドッグフードは天使か、悪魔か(7)
革命の後に来た苦悩フード 第8話 ドッグフードは天使か、悪魔か(8)



 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

 



初めての方へ
大切な愛犬、まだあきらめないで!
体に悪いドッグフード、食べさせていませんか?
犬の食事のよる自然療法とは?
 


TOP > コラム一覧 >ドッグフードは天使か、悪魔か(5)
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認