マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
お試し品 定期購入 グレインフリー(低アレルゲン)
成犬用(1~7歳)
皮膚サポート
膵臓サポート
G.A.N.コントロール
シニア犬用(7歳以上)
腎臓サポート
心臓サポート
濃縮栄養補完食
子犬用(1歳未満)
肝臓サポート
介護サポート
牛肉ドッグフード
満腹感サポート(減量)
関節サポート


皮膚トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 皮膚サポート

\480(税抜)~ 
 
腎臓トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 腎臓サポート

\480(税抜)~ 
 
減量・ダイエットの為に!
犬用療法食 満腹感サポート

\480(税抜)~ 
 
モニターさんの声から製品化
デイリースタイル・ビーフ

\480(税抜)
 
遂に登場!グレインフリー
DearMate(カンガルー肉)

\480(税抜)~ 
会員様ログインパスワードを忘れた方






お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚サポートお試し
腎臓サポートお試し
肝臓サポートお試し
膵臓サポートお試し
満腹感サポート
 お試し
心臓サポートお試し
介護サポートお試し
関節サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
 グレインフリー
DearMateグレインフリー・カンガルー
 牛肉ドッグフード
DailyStyleビーフ
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
療法食 皮膚サポート
療法食 腎臓サポート
療法食 心臓サポート
療法食 肝臓サポート
療法食 膵臓サポート
療法食 介護サポート
満腹感サポート
関節・椎間板サポート
G.A.N.コントロール
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座

一般社団法人ペットフード協会



お支払方法
送料・お届け
返品交換
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > コラム一覧 > 食糞症の原因と治し方(4)
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 





刺激療法が必要な理由

グルタミン酸ナトリウムという化学調味料を使用した対症療法に疑問を持たれる方も多いかもしれません。しかし、これには大きな理由があります。

病気の解決には、根本原因へのアプローチのみで解決可能な場合も多いです。
しかし、問題が習慣化したものである場合、脳のクセを同時に修正する治療が必要な場合があります。

問題が習慣化している場合、脳内のシナプス(脳神経をつなげている回線)が問題なため、治療は、脳神経系の負の習慣をキャンセルする刺激という脳神経シナプスの使い方を変更させる治療を同時に行うことで治癒率を高めることができます。

 

絶対的食事不足と相対的食事不足の解決法

食事の量が足らない子はどうしても食糞をしやすい傾向にあります。これには2種類のタイプがあります。

ひとつは、食事の量が絶対的に不足している場合です。これを「絶対的食事欠乏」といい、食事を数分で食べきる子に起きている場合が多いです。
この場合は、食事の量を増やしてあげましょう。

ふたつは、食事の量は足りているが、消化・吸収が追い付かないタイプです。これは「相対的食事不足」といいます。
この場合は、1日に与える食事を4回ぐらいに分けるといいでしょう。消化能力の弱い子や、ストレスで消化機能が落ちている場合はこの方法が効果的です。

一回の食事の量を少なく与えることによって、消化がよくなり、心身の満足感を得られ、食糞防止にもなります。

「絶対的食事欠乏」と「相対的食事不足」は同時に起きていることも多くありますので、注意深く観察してあげてください。

 

ストレスの解決法

ストレスが関係している場合の対処法ですが、消化に必要な副交感神経の働きは、十分な散歩をしたあとに活発に働きやすいので、散歩やボール遊びを十分に行うことで治る子がいます。
これは狭いケージにいることや小屋につながれる時間が多い子で食糞が起きやすい子に特にあてはまりそうです。

また、新しい環境に変わることへのストレスや、周囲にストレスを感じるワンちゃんなどでも起きる場合がよくあります。
ワンチャンそれぞれでストレスの感じ方はことなりますので、その子その子に応じた運動で十分なストレスを発散させてあげてください。

 

フードの質の解決

食糞は動物性たんぱくの補給が十分に行われると改善されやすい傾向があります。
通常のフードにプラス、ボイルした鶏肉を裂いて与えてあげる(トッピング)ことも役立つと思います。
フードの根本的な解決は、良質なフードを与えることです。
 




<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(1)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(2)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(3)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(4)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(5)



 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

 



初めての方へ
大切な愛犬、まだあきらめないで!
体に悪いドッグフード、食べさせていませんか?
犬の食事のよる自然療法とは?
 


TOP > コラム一覧 >食糞症の原因と治し方(4)
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認