マイページ買い物カゴお試し品定期購入お買物ガイド

お問い合わせ

鹿肉ドッグフードの通販なら獣医師・宿南章の自然療法食動物病院

会社概要
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
トップ 初めての方へ
獣医師プロフィール 商品一覧
お客様の声 よくある質問
お試し品 定期購入 グレインフリー(低アレルゲン)
成犬用(1~7歳)
皮膚サポート
膵臓サポート
G.A.N.コントロール
シニア犬用(7歳以上)
腎臓サポート
心臓サポート
濃縮栄養補完食
子犬用(1歳未満)
肝臓サポート
介護サポート
牛肉ドッグフード
満腹感サポート(減量)
関節サポート


皮膚トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 皮膚サポート

\480(税抜)~ 
 
腎臓トラブルのワンちゃんに!
犬用療法食 腎臓サポート

\480(税抜)~ 
 
減量・ダイエットの為に!
犬用療法食 満腹感サポート

\480(税抜)~ 
 
モニターさんの声から製品化
デイリースタイル・ビーフ

\480(税抜)
 
遂に登場!グレインフリー
DearMate(カンガルー肉)

\480(税抜)~ 
会員様ログインパスワードを忘れた方






お試し品
 まずは試して!
成犬用お試し品
パピー用お試し品
シニア用お試し品
皮膚サポートお試し
腎臓サポートお試し
肝臓サポートお試し
膵臓サポートお試し
満腹感サポート
 お試し
心臓サポートお試し
介護サポートお試し
関節サポートお試し
G.A.N.コントロール
    お試し一覧へ
総合バランス栄養食
 鹿肉ドッグフード
DailyStyle 成犬用
子犬/パピー用
シニア/高齢犬用
 グレインフリー
DearMateグレインフリー・カンガルー
 牛肉ドッグフード
DailyStyleビーフ
犬用療法食
 症状に合わせた療法食
療法食 皮膚サポート
療法食 腎臓サポート
療法食 心臓サポート
療法食 肝臓サポート
療法食 膵臓サポート
療法食 介護サポート
満腹感サポート
関節・椎間板サポート
G.A.N.コントロール
濃縮栄養補完食
 さっとかけて栄養補給
濃縮栄養補完食
お客様の声




獣医師・宿南章
初めての方へ
プロフィール
病気の原因を特定するスケールを拡大する
宿南章の治療実績
動画ワンポイント講座

一般社団法人ペットフード協会



お支払方法
送料・お届け
返品交換
会員登録

通常購入時のポイントの使い方
定期購入時ののポイントの使い方

定期購入について
お届け間隔変更
一時休止・退会

お買い物ガイド
会社概要
ご利用規約
プライバシーポリシー
特定商取引表示
社会貢献活動について
サイトマップ
お問合せ

■営業日カレンダー

は休業日

RSS RSSリーダーで購読

TOP > コラム一覧 > 食糞症の原因と治し方(2)
 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 




愛犬が食糞する原因は?

ワンちゃんたちが食糞するのは、どういったときでしょうか?大きくは以下の4つになります。

ひとつは消化機能が落ちている場合や、消化のしにくいフードを食べているときに食糞します。

消化機能が落ちているときは、胃腸の働きが弱くなっているため、フード中のタンパク質が十分に分解できない・消化吸収できないといった時に食糞をする傾向があります。

この場合、その子にあった消化しやすいフードにかえてあげるのが良いと思います。
また、ひとえにドッグフードといっても、成犬や子犬、犬種、年齢によってフードとの相性はありますので、お飼いになられているワンちゃんにあうフードを選んであげると改善に役立つと思います。


与えるドッグフードの量が少ないときにも、体を維持する栄養が足りなくなり食糞を起こすことがあります。
これは、不足している栄養を少しでも補おうとする行動です。

フードの食事量が少ないかどうかは、ワンちゃんが与えたフードをどれくらい食べたか見ていればわかります。ワンちゃんの胸の横にふれ、簡単に肋骨が皮膚の上から手で触ることができるようであれば、あまり食べていないという事が推測できます(皮膚と肋骨の間にある脂肪の量を確認します)。

子犬は、まるくふっくらしているように見えますが、体型とふわふわした毛でおおわれ、実際は痩せていてフードの食事量が不足している場合がありますので、必ず触って確認することがポイントです。


フードの中には植物性のタンパク質が多い場合もあります。植物性のタンパク質は消化率が低いため未消化のタンパクを取り込もうとして食糞する場合があります。

これは食糞症が起きるとても多い理由の一つです。
市販されているドッグフードによってはコストを抑える為、穀類を多く使ったり、質の悪い穀類を使われることがあります。ワンちゃんにとっては動物性たんぱく質が重要になってきます。
動物性たんぱく質にはワンちゃんにとって必要な必須アミノ酸をすべて含んでいるからです。
ぜひ、動物性たんぱく質を多く含んだ良いフードを選んであげてください。

>>フード選びについての解説動画はこちら


あまり知られていない見落としやすいところでは、精神面の不安定さ、ストレス(飼い主様との関係)、神経質な性格の関与があります。ストレスや不安などを常に感じやすいワンちゃんの場合にも起こりやすいようです。

これはストレスが消化に必要な胃腸の働きを落としてしまうことが原因です。十分な栄養が吸収できないため吸収できていない部分の栄養を再度食べることで補おうとする行動が起きるケースがあります。


子犬や若い犬には、寄生虫がいることも比較的多く、寄生虫によって消化機能がダメージを受け、吸収が落ちます。さらに必要な体内の栄養を寄生虫に奪われることにより、栄養が不足し食糞をする場合があります。
いろいろ対策をされているのに食糞をされるようでしたら、検便をされた方が良いでしょう。
寄生虫もジアルジアのように周期性があり検便しても検出しにくいタイプの原虫寄生虫もいますので、何度も検便をする必要がある場合もあります。

また、実際に食糞症の仔に寄生虫がいることは、他の疾患の仔や健康な仔より多いと感じます。


神経質な仔の場合、外敵から発見されないよう、匂いや縄張りの痕跡を消そうとする行動から食糞をする場合があります。気弱であったり、身体が弱い仔で起こりやすい傾向があるように思います。

犬も一生懸命に人生(犬生?)を生きています。悩みや人ではわかりにくい不安も多いと思います。そのような可能性まで配慮した対処(解決策)が理想だと思います。

気弱な仔や、体が弱い仔の「こころ」は、人の想像を超えるほど繊細です。これは元気な仔や、気丈な仔からは想像できないほどです。そのため、そのような仔に対しては、深い理解と配慮が最高のプレゼントとなります。


だれも、糞を好き好んで食べる子はいないと思います。
単に、叱りつけてやめさせようとするのではなく、そうせざるをえない身体的、心理的、環境的な理由まで理解できれば、病気や問題を通して犬の心を理解し、健康と幸せに近づくことができるように思います。



<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(1)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(2)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(3)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(4)
<獣医直伝>食糞症の原因と治し方(5)



 サイトが気に入ったら押してもらえると嬉しいです ⇒ 

 

   



初めての方へ
大切な愛犬、まだあきらめないで!
体に悪いドッグフード、食べさせていませんか?
犬の食事のよる自然療法とは?
 


TOP > コラム一覧 > 食糞症の原因と治し方(2)
お問い合わせフォームお問い合わせの前にこちらをご確認