糖尿病治療時の健康をサポートする療法食



血糖とは体に不可欠なエネルギーを作り出すための身体にとってとても大切な栄養成分です。その役割は大きくわけると以下の3つになります。


血糖はこのように愛犬が生きていく上で、大切な役割を担っているのです。
しかし、そんな役割を担っている血糖も過剰になると代謝障害などをおこし、命に関わる糖尿病という病気へと発展します。



血糖が過剰になると代謝障害を起こし、糖尿病へと発展するケースが多く、糖尿病は私たち人間にとっても大変な病気であるのと同様、ワンちゃんにとっても重大なトラブルです。
では、糖尿病になると何が問題なのでしょうか?


など様々な健康に危険をもたらします。
愛犬の糖尿病は命に係わる大変危険な病気なのです。



血液検査で血糖値が130mg/dl以上なら高血糖ですが、さらに血糖値が180~220mg/dl以上になると尿に糖(糖尿)がではじめます。そして、高血糖と尿糖を引き起こす病気の多くが愛犬にとりとても危険な糖尿病という病気です。

糖尿病かどうかを診断するには、主に以下の3つのチェックポイントがあります。




愛犬の糖尿病ですが、いろいろな原因が重なって発症します。これを多因子性の発病といいます。以下のようなトラブルが重なり合って病気が起こってきます。



犬の場合の糖尿病は、やや専門的になりますが、インスリン依存性糖尿病というタイプで、膵臓のベータ細胞が永遠に失われ、一生、インスリン治療が必要です。

重要なことは、インスリンによる血糖の調整が大切ということです。特に、最初の半年間は血糖を安定させることがとても難しく、かかりつけの動物病院と共に試行錯誤しながら血糖値を安定させていくことが大切です。半年かけて血糖を安定的な幅に維持できるようになればその後の健康を維持しやすくなります。糖尿病が見つかって半年がとても大切な時期となります。

これには理由があり、糖尿病がみつかってしばらくは、少ないインスリン量で病気を良好に維持できることが多いのですが、治療を開始して6ヶ月ごろまでに血糖のコントロールが非常に難しい波が襲います。この時期にインスリンの必要量が増えるのですが、かかりつけの動物病院と調整をして乗り切ることが特に重要な峠の時期です。

糖尿病になった愛犬の平均寿命はおよそ3年ぐらいですが、最初の半年の不安定でかなり命の危険が高い時期です。この6ヶ月を無事に過ごした愛犬は5年以上も元気に過ごせる子も多いことからも、最初の半年を乗り切ることの重要性がわかります。

最初の半年は、ケトアシドーシス、急性膵炎、腎不全などの命の危険が伴う病気が起きやすい不安定な時期なのでとても注意が必要です。






糖尿病の診断をしている獣医師はいっけん神経質にみえることがあります。

というのは、愛犬の糖尿病は大変複雑で、さらに糖尿病以外の危険な病気が同時発症する場合が多く愛犬の命にかかわることが多いからです。そのため獣医師はかなりの頭脳酷使と繊細さなどを要求されます。

たとえば、糖尿病と確定診断するためには、血糖、尿の糖分、症状から診断しますが、動物の血糖は大変上下しやすく診断に経験と状況的配慮が必要となります。

愛犬は興奮や恐怖で血糖値が大きく上がることが多く、ペットの心理的な状況からの血糖値上昇が起きていないかを予測する必要もあります。



このように獣医師はデーターをそのまま機械的に解釈するのではなく、病院に来たワンちゃんや猫ちゃんの恐怖や緊張がどの程度検査数値に反映しているか、その子その子で実測値のズレの有無を確認しながら診断をするという高度な内的対話を行っています。

それだけではなく、糖尿病と診断した場合、その他の病気で高血糖を起こす可能性のある副腎皮質機能亢進症という病気、糖尿病の結果起きる細菌性膀胱炎、同時併発しやすい膵炎が起きていないか、起きそうな兆候がないかとかなりの項目について確認する作業を続けています。

理想的には、疑われる病気の検査をすべてすればいい訳ですが、それを行うと検査費用だけでかなりの経済的な負担を強いることになりますので、判断が難しいのです。



糖尿病は診断されてから半年間は試行錯誤の血糖の安定化のための苦闘が続きます。

このことからも、飼主様へはこれから半年のかなりの負担と苦労を考えた場合に、心配な他の病気に対してどこまで負担を少なくしながらも、愛犬に必要な診断を最低限行っていくか、そして、その必要性をどのようにお伝えすればよいか、同時に、いま目の前に愛犬にどのような治療を行っていくのがベストか、かなりのエネルギーを使い考えていると知ってください。

また、獣医師の理想としては検査費用はかかりますが、超音波診断で目の前の愛犬が膵炎、副腎肥大、子宮蓄膿症、肝臓・腎臓・膀胱に異常がないか検査したほうがいいと考える場合が多いです。



もし、愛犬が糖尿病と診断されたら、治療や食事、運動など様々な面で注意を払ってあげて下さい。


愛犬の糖尿病は、インスリン治療が必須になります。 それに、食事と運動がとても重要になります。インスリンの調整はとても難しいので少なくとも半年間はとても苦労されることが多いと思います。



糖尿病のマイナス要因である肥満の緩和や、血糖の安定化のためにも運動は欠かせません。
インスリンは運動により血流を通して体全体に行き渡りやすくなります。全身の細胞が糖を取り込むことにより、血糖が下がりやすくなります。
ただ、注意点として、運動が重要とはいえいきなりの激しい運動は急激な低血糖を引き起こすことがあるため禁止です。
毎日、同じ時間に同じ量の運動を続けていることが糖尿病治療において役立つ運動になります。



糖尿病に役立つ運動が特殊であるように、糖尿病に役立つ食事も特殊です。
工夫された食事が重要です。血糖を安定的に調整しやすいフードを与えてあげることが愛犬の健康を維持するために役立ちます。




このデイリースタイルG.A.N.コントロールは、犬の進化医学的な観点から祖先のオオカミの食事を参考に作り上げています。
オオカミは鹿肉を主食として長い進化の過程を生き延びてきました。犬の祖先であるオオカミの主食を摂取することは、愛犬の健康の維持に役立つと進化の視点から考えられます。

糖尿病になると、高血糖による様々な臓器への負担やトラブルが発症しやすくなります。そのため、毎日食べるドックフードに特に注意を払うことが必要と思います。

たとえば、犬の祖先であるオオカミは生の肉を食べており、犬が人と生活をしてからも現代のような高温・高圧で調理された肉や脂肪は食べていなかったことから、必要以上の高温と高圧を加えない調理法が愛犬にとりより良いのではと考えています。



そのため、G.A.N.コントロールでは、100℃以下でフードを製造しています。これはたいへんにドッグフードの製造としては時間がかかる方法ですが、あえてより良いフードを作るため手間のかかる調理法を選択しています。

また、オオカミは寒冷地の動物ですので、それを祖先とする犬も、酸化した油脂を摂取した歴史を持たず、酸化油脂に弱い可能性があります。
そのため愛犬の健康を守るため、酸化した油の匂いのしないものを選んで欲しいと望んでいます。






G.A.N.コントロール(Glucose Adjust Nutritional Control)は、悪性腫瘍(ガン)や悪性リンパ腫の治療時における健康維持や糖尿病のワンちゃんの為に成分を特別に調整した療法食です。

高タンパク、高脂肪でグルコースと炭水化物の含有量を調整し低炭水化物を実現しています。

また、着色料、香料、保存料といった添加物を使用せず、中国産の原材料や遺伝子組み換えの原材料は一切使用していません。


















定期購入ならいつでも12%OFF!

定期購入をお申込みの場合、3回以上のご継続が条件となりますので予めご了承下さい。


1回あたりにお届けするご注文内容
商品名
犬用療法食
G.A.N.コントロール 1kg入り
価格
定価:4,519円(税抜)
【定期購入】12%OFF
1袋:3,976円(税抜)+消費税
数量
\3袋以上で送料無料/
※ただし、北海道・九州は500円、
沖縄離島は1000円かかります。
袋:

※定期購入は3回以内の解約はできかねます。


通常購入はこちら
商品名
犬用療法食
G.A.N.コントロール 1kg入り
価格
1袋:4,519円(税抜)+消費税
数量
袋: